WEBチェックイン 24時間前からができますが、国内線はダメ?

JALでは、国際線は24時間前から1時間前までWEBチェックインができます。

WEBチェックインすると、自動的にメールが送られ、その中にホームプリント搭乗券とモバイル搭乗券が

送られてきます。

2次元バーコードが添付されていて、そのまま保安検査場に進めます。

しかし、出だしの地方空港から成田までは、WEBチェックインができません。

不思議です。

それから、モバイル搭乗券やホームプリント搭乗券は便利だと思うが、いつもやってるタッチアンドゴー

JALカードをかざすだけにできるのではないかと思いますね。

 

さて、間もなくです。

成田でWIFIルーターと携帯を借りるのを忘れないようにしないとだめですね。

あと、10時間も隣に座る人は誰でしょうかね。いい人だったらいいな。こればっかりはどうにもこうにも運ですね。

エコノミーなので、機内食等期待はありません。

しかし、運賃が高いJALにこだわるには理由があります。ANAでもきっと同じだと思いますが。

接客がよい、というような理由もありますが、

海外に出る場合、自分のアイデンティティーを否応なく感じることがあるからです。

 

海外に打って出る場合、西洋人に負けてる、容姿がみすぼらしいなどのコンプレックスを払しょくするために、

日本人頑張れという気合が必要です。

 

いつでも、ここは外国なんだと意識していかないと負けてしまうのです。

 

JAL(ANA)の皆さんに、日本人同胞に、降りるときに「いってらっしゃいませ」といわれると、

よし、ぼくちゃん頑張りますよ、という気持ちにさせてくれるからです。

 

これが外国の航空会社だったら、サンキュー、グッドラックュアトラベルなんていわれても、

気合が入らないんだよ!

 

そして、帰り、外国の空港には色とりどりにカラーリングされた航空機が並んでいますが、JALやANAは外様

めったに見ることはありません。

 

その異国の中で、

あの、遠くの方にポツンと止まっているのは、ああ、あの鶴丸ではないか。

「胸が熱くなるのです」

おーい、僕はここだよ。救出にきてくれたわけではないのに、目が潤むのです。

あそこに、仲間がいると思う、

そして、家族のいる懐かしの日本に帰るのだ。

「迎えに来てくれてありがとう」

そんな風にして、海外旅行を終えるのです。

そして、乗り込んだとたんもう日本。日本人っていいですね。

 

ボトルウオータープリーズ何ていわなくても、

 

「お水下さいでいいのです」

 

ウオ―ターの発音は日本人には難しく、ボトルウオーターとかアイスウオーターなどどいわないと

伝わらない

このメニューを見てください。ヘルシンキー成田の帰国便

JL414便です。

きちんとJAL蕎麦が入っています。

■お食事
ビーフシチュー *
または
鶏の照焼き
サーモンとバターポテト
そば
フレッシュサラダ
フレッシュフルーツ
アイスクリーム
コーヒー、紅茶、緑茶
* ブレッド & バター付き
■ご到着まえに
クレープ ラタトゥイユ添え
ヨーグルト
フレッシュフルーツ
ブレッド & バター
コーヒー、紅茶、緑茶

 

これを、ずるずるやりながら、旅の思い出を噛み締めるのです。

こんなこと、JALでしかできまい。

 

外国の航空会社は、ハンバーガーとフライドポテトでしょう。(彼らにとってのそば)

パリ、サンフランシスコ、ダラスからの帰国便には、「うどん」

ロス、サンディエゴからは「冷やし中華」

ニューヨーク、ボストンからは「キツネ蕎麦」

ロンドンからは「冷やしうどん」

バンクーバーからは「茶そば」

 

どうです

いいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事