ベニシアさんと野草の気持ち。ラルダールの小さな花とベルゲンのムンク

自家製のハーブで虫よけを作る。日本では除虫菊を使った蚊取り線香が有名で、遠くアフリカまで輸出されているそうですね。

旅行に行ってました。日本は猛暑で大変だったそうですね。北欧ノルウエーも異常気象なようで、30度を超えていました。 というわけで、ベニシアさんのテレビは見ていませんでした。

ノルウエーの森を観ながら移動していきました。自然は北海道と親近感を感じました。荒々しい自然ではない、鮮烈な自然です

年とともに、花鳥風月にひかれるようになってきました。スローライフ言われてから久しいですが。

リンドストロームのブルーベルに似た花

ベニシアさんの病気が公開されてからは、番組は人間の生き方ということに焦点化され、まったく、人生というものはかく過酷なものかということ、いや、過酷なのではない、理解すること、自然の運行に静かに目をむけることでわかるのだと。

これぐらいたいしたことない。悲しむことはない、心の持ちようなのではないかということになりそうです。

目が不自由になった来たら、歌を歌えばいいんだ。

失われることを悲しむのではなく、出来ることを精一杯やる。よく生きることが大切だと。メッセージを送ってくれます。

ラルダールは、オスロからベルゲンの方へ向かっていくときに通る、深い谷間の小さな町です。その、朝日に光る青いベル、可愛いですね。

たぶん、ツリガネニンジン、花言葉がいいですね。

大切な思い出、感謝、遠慮、詩的な愛、誠実

谷間に光る、小さな青い鐘

それだけで、何か、涙が出てきますね。まさか、自分と重ね合わせたのでしょうか。

自分が、この現実世界で、谷間にいるとは思っていませんでしたが、意外と魂はそう感じていたのかもしれません。

全くの谷あい、氷河で削られた谷の底、右も左も巨大な「塀」に囲まれた、閉塞感のある村で、かくにも美しい風景があるとは、驚きですね。見てくださいこの景色を

ノルウエーのラルダール

さて、さて今日の絵画の話は、ベルゲンです。実は、ベルゲンでムンクを大量発見して、鼻息が荒くなったのです。あの、警備が厳重でうんざりするムンク美術館より1000倍感銘を受けました。

その、収集している絵が優れているからです。画集で見かける絵はもちろん、初めてみる絵もたくさんありました。ムンク好きの方は絶対気に入るでしょう。しかし、この北緯60度の町にこれほどのコレクションがあるとは、でも、オスロに次ぐ第2の都市ですが。

気候は雨が多いものの温暖で、(メキシコ湾流のおかげ。)なかなか良い街でした。では、さっそく

三人の男の子の水浴図ですが、薄塗で勢いがよくムンクの良さがとてもよく出ていました。初めてみました。

手紙を書く人ですが、水平と垂直を意識した構図は、単純で力強く、ムンクそのものですね。本棚の本の角度を見てください。空間から要求される、配置を意識しているところが憎いですね。これも、初めてみました。

この、初めてみたムンクシリーズはしばらく続きます。

おすすめの記事