北海道の渓流も秋になりました。アメますがいます。

北海道の渓流釣りシーズンは6月(道東は7月)~10月までしかありません。

だから、一回一回の釣りを大事にしていかなければなりません。

北海道の渓流も秋になりました。

これから来る冬のことを思うと頭が痛いですね。

秋晴れの中今日も元気に釣ってきました。

 

今年は、コロナのせいでいろいろなことが制約を受けましたね。

 

釣行は順調でした。

さて、秋になるとアメますが上ってきます。大きくて、ヤマベの仕掛け(テグス08)ではもちませんが、

ゆっくり岸まで引き上げると、釣りあげることができます。

川は海とつながっていることで、その多様性を増します。

雨の波紋のようなポルカドットがかわいいです。

堂々としていますね。アメますは食べないのでいつもはリリースします。

 

秋も深まり水も冷たくなりました。

 

積丹の小さな村が誘致しようとしている、

核廃棄物の永久処理場はこの北海道に大きな痛手でした。

悲しいというより、哀れです。

 

 

なぜ、この美しい北海道を、北海道を自分たちのお金のために、

破壊することができるのか。

 

この北の大地に夢をかけて頑張っている若い世代の、農家や漁業者をはじめ、酪農の人々の苦労を無視して、

そんなお金が欲しいのか、非常に考えさせられるものです。

 

アメます君は、はるか海からここまで長い旅をしてきました。

 

大いなる自然の巡行に、取り返しのつかない、何万年もの薄れない、自然を破壊するゴミ。

 

ヤマベは、今日もてんぷらにして食べちゃいます。

北海道の、大自然の味です。

pickup