今日の仕掛けは、これ

釣具屋を歩いていると、渓流コーナーの狭さにびっくり、あんまり人気がないのかな。

今の時期、北海道の釣りといえば、もちろん「サケ釣り」ですな。

川で釣ると密漁になるので、みなさん、河口でおしくらまんじゅうしながら釣ります。

下手だと、すぐ糸が絡むので、けんかになります。怖いですね。

あと、砂浜の場所取り合戦、強面の人が、黒いワンボックスカーに乗ってやってきて、

深夜から、お酒、ビールを飲みながら、たむろしています。怖いですね。

さらに、砂浜にかけやで金属パイプを打ち込み、(そこに竿をたてるのだが)、なおかつ、立ち入り禁止の札を立ててみたり。

地元所轄の、おまわりさんは仲裁に入って大変です。怖いですね。

川や海は皆のも、譲り合って、楽しく釣りたいですね。

さて、話が違う方にいきました。釣具屋の話に戻って。

いま、ダイワの例の渓流Xがたくさん並んでいました。

わたくしも、この間。3mのやつを買いました。大変、使いやすく、

剛性があるなと感じられます。

手触りも、補強のために貼られたと思われる線が、よい感じです。

コンパクトだし、先調子で掛かりがダイレクトに伝わり、

釣り人のハートをしっかりキャッチしますね。

次に、ハリ外し1710円も買いました。黒壇でできているんです。

ここで、気になる言葉が「ゼロ釣法」って書いてありますね。何ですかね。

ダイワで調べたら、細い糸と専用ロッドで誰にでも簡単に、ヤマメとスリリングなやり取りが楽しめるらしい。

0.1号の糸で釣るらしい。面白そうですね。ロッドは6万円ですよ。マスターゼロは11万5千円ですよ。

しかし、私に買えるのは、1万円の渓流Xとハリ外しだけなのだ。

今日はシンコ釣りなので、出番は2回しかありませんでした。そして、確かに簡単に外せました。

しかし、2匹目で手が滑って、落としてしまったのです。一回1710円か、と泣いていたら、

ちゃんと沈んでいるではないですか。黒壇なので沈んで、流れないのだった。助かりました。

さて、出来合いの仕掛けも買いました。いつも自己流なので、たまには、他人の仕掛けを使いたくなったのです。

クッションゴムがいいようです。針の交換は、クッションゴムのしたに輪を作っておくほうが

、交換しやすいと思います。よかったです。釣れました。

ガン玉もいつもは一袋40円ですが。今回は120円の、やわらかいおもりを買いました。

これが、よかったです。3倍の値段の違いがありました。簡単に言うと、魚がかかると、

魚が暴れるので、ガン玉って上とか下に移動しちゃいますよね。

それが、このやわらかいおもりは全くずれないのです。気に入りました。

ゼロ釣法は、将来の課題にして、今日はフライにして食べました。美味しかったです。

シンコは骨までとろけていい味です。

おすすめの記事