待ちに待った6月1日今日は、 道央地区のやまべの解禁日となりました。 北海道の春、こんな素晴らしいところはありません。 木々の若々しい緑と、キラキラ輝く水面をご覧ください。 この川は、支流ですが内緒の川です。 ニジマスも出るし、どんな大雨でも決して濁らない奇跡の川なのです。   たくさんの釣り人が来ていました。 いっぱい車がありました。 昨日は北海道での30℃のところもありました。 今日も、天気よく気温も上がりました。今年は、春からいいことが全然なかったですね。 この後は、どんどん良くなっていってほしいです。   北海道の渓流の美しさの秘密とは何でしょう。 それは、雪解け水です。 夏でも雪解け水です。濾過され清浄、 水温は低くまさに清流。 気持ちのいい川です。   冬の雪が少なかったせいで、水温も高く、水量も安定気持ちのいい釣りができました。やまべは型もよく美しい姿を見せてくれました。
スポンサーリンク
おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/uploads/2020/02/IMG_6731-scaled-e1582442352354-931x1200.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
その他
春の嵐
楕円のテーブルの人々 春の嵐とは、単純に気象現象としてとらえる人が多いですが。 イメージとしては、冬が終わって新しい生活が始まる。卒業、就職...