北海道札幌市、桜咲きました。

ようやく、桜前線が札幌を訪れました。

長かったです。

これからの北海道は、すべての生命がはじける時です。

しかし、去年と今年ははじけることができません。

しかし、このパンデミックの責任は誰かがとらなければならないでしょう。

300万の人が死にました。

桜を見る気持ちも人それぞれです.

 

大きな展覧会は開かれなくなりました。

なにか、いい絵をじっくり鑑賞したいです。

 

表現主義の絵を見たいですね。

 

心が動くのはやはり、生命的なものの動きです。

 

パリのルーブルを訪れた時には、中世時代の貴族の肖像画ばかりありました。

 

中世の貴族の肖像画は、のっぺりとしていて、

それよりもパリの生きている人々の方が1000倍魅力的でした。

 

オルセー美術館は、凄く良かったです。

 

衝撃だったのはルソーの絵がとてもよかったことです。

素朴派とはとんでもない、深い計算のある絵でした。

 

パリは、その時オランジェリーが改装中で、モネを見られなかったのが心残りです。

東京の西洋美術館の水連も大したものです。

早く、パンデミックが終わってほしいです。

 

おすすめの記事