偉大な教師、モローを鑑賞する。

アカデミー会員なのに、ルオーとマチスを育てるとは、よほど意思の強い人ですね。

若者の才能と、これからの絵画を見つめる。なかなかできないことですね。

きっと、サロンの嫌がらせはすごかったでしょうね。

今現代で、日本画は除いて、師弟関係から優れたものが生まれるものがあるのかな。

影響を受けるとかではなくて。落語家のように、同じ時と場所で、画家としての雰囲気を学ぶ。下働きをするとかあるのかな。

敬う、憧れを持つ、信頼する、などのそういうことも、感じ方を変えることもあるのかな。

 

モローは自分の個人美術館の館長にルオーを指名しました。

ホントに信頼していたのですね。

もう、ほとんど完成かな。

pickup
おすすめの記事