どんなことがおこるのか

未来のことは誰にもわからないけれど

芭蕉ではないけれど

漂泊へのあこがれが心のうちにあるみたいですね。

遥か昔、アフリカを旅立った人類共通のものかもしれません。

 

近づいてきましたよ。夏休みにいくオスロ旅行が、今のところ、生きる希望です。

オスロの公式アプリを入れましたよ。グーグルプレイからアンドロイド版をダウンロードしました。

英語なので何とかわかります。

あと、オスロパスのアプリもありました。そこから購入できるみたいです。

しかし、色々研究の結果わたくしは、オスロパスは使わないとの結論に達しました。

5泊六日で、実際行動できるのは丸3日です。

 

それは、なぜか、行きたいところは、ムンク美術館と、国立美術館であり、バイキング博物館や、何だか城には全く興味が

ないからです。せっかく来たからみたらいいんで無いかい。という声もしますが。

二兎を追う者は一兎をも得ずということわざもあります。割安になるからといって、大して興味のないものを見ちゃうのは

日本人らしいですが。きっと、もったいない精神が出て、歩き疲れるでしょう。

 

あと、叫びの描かれた公園と合わせて、3か所。あとは、知人よかったという、彫刻いっぱいの、ヴィーゲラン公園で4か所ここの二つは

入場料はいりません。

 

ムンク美術館100Nok 国立美術館100Nokで入場料は200Nok∔95Nok(24時間交通チケット)で合計295Nok

オスロパスは395Nokということで、比べると100Nokやく2000円お得なのだ。

 

二日目のコペンハーゲン行きは、国立美術館と人魚姫の像のところで写真を撮ってくること。ここは、お上りさんの観光をしてきます。

折角10時間もかけて、ヨーロッパにきてるのに、オスロだけじゃもったいないと、航空券を買いました。安いですよ。

オスロとの往復で2万3千円です。しかし、エクスペディアで簡単に、海外の航空券が買えるなんて、インターネットを発明した人はえらいですね。

 

三日目は、遠出をして、列車でテンスベル、そこからバスでオースゴールストラン、ここで、ムンクのサマーハウス見学、そして、

1日中歩きまわって、スケッチもしたいと思っているのです。今回の旅行のメインメニューです。水に溶ける色鉛筆を買いました。

あとは、マッキー細字、極細のマジックを持っていきます。

退職したら、思い切って油絵具を持ち込むつもり、1か月ほど滞在したいですね。

しかし、物価とホテル代がとても高くなるので、どっかにキャンプ場はないですかね。今回でも、町中だと大して

豪華でもないホテルでも、一泊2~3万は軽くしましたよ。

 

夏の積丹

オースゴールストランの夏

聞いただけでドキドキしますよ。何か決定的なことが起きそうですね。自分の生き方だったり、生きてる理由だったりするかもしれません。

もう、日本に帰ってこなかったりして。

 

きっと、ムンクを近くに感じることが出来るでしょう。

きっと、ぼーーとするでしょう。あの海岸沿いの風景の絵の描かれた場所や、橋を巡ってみたいですね。

おすすめの記事