私の好きな北海道の温泉、登別温泉。

登別温泉は昔から有名です。

名だたる有名ホテルがひしめく大温泉です。

私が泊まったことのあるのは、

大浴場から地獄谷が見える第一滝本館という老舗旅館です。

小学生のころからここにきていました。

ずいぶん昔の話です。

 

色々な泉質の温泉が楽しめるので、

自分の好みの温泉につかることもできます。

 

ここでは、日本にある10種類の泉質の内5種類を楽しめるといいます。

 

 

いわゆる、硫黄とか食塩泉とか。

また、登別は漁港も近く、新鮮な魚介類も楽しむことができます。

もちろん温泉饅頭も温泉卵もあります。

 

メインキャラクターは鬼

温泉饅頭も作ります。

茶色で、こしあん

定山渓の温泉饅頭もそうでした。

 

8月には地獄祭りがあり

温泉街を、鬼が練り歩きます。

 

まとめると

 

ここ登別は温暖な気候と豊富な湯量と様々な種類の温泉と

おいしい海産物が一か所で楽しめるという温泉宿天国なのです。

 

 

地獄谷とはいいではないですか。ムーミン谷のようにのんびりした所ではありません。

熱湯が噴き出し、蒸気も噴き出しています。

 

昔は、本当に近くまで行けました。

温泉が噴き出し、足の裏も熱くなります。

地球の原始のエネルギーを感じます。

 

観光地としては、函館のような歴史はありませんが、

水族館や時代村、クマ牧場などのアイテムが揃っていて、家族づれで楽しむ人が多いです。

クマ牧場でクマに餌を投げてあげるのが面白いです。

ヒグマは日本最大の黒クマで、実にパワフルです。

本州のツキノワグマなどは、幼稚園生みたいなものです。

 

昔、開拓時代多くの被害を出しました。

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)では、死者7名。

なんと、体長2.7m 体重340kgの熊が住民を襲った悲しい事件です。

 

苫前町の郷土資料館で剥製を見ることができます。

 

しかし、クマ牧場の熊は実にフレンドリー

愛嬌いっぱいです。

 

しかし、このコロナでどうなっているのでしょう。

時代村は休館中のようです。2022年1月17日~2月28日一時的休館

 

なおかつ、温泉街があって、お土産物屋や、食堂、居酒屋もあるところなのです。

通りをふらふらと散歩することもできます。

 

 

pickup
おすすめの記事