暑い日には渓流で過ごす。

北の大地北海道、まだ野生の自然が残っています。

北海道の夏の渓流釣りは、まさに至福の時。

管理された社会を抜け出して、自分の感性を確かめたくなります。

いかに、現代社会は人間の精神を傷つけていることでしょう。

北海道でのヤマベ釣りは最高です。

自然一杯の景色と爽やかな空気、

体がきれいになってくるのがわかります。

そして、釣りという楽しみ、

釣った魚を食べるという楽しみもあるのです。

 

こんなにきれいな水で育った魚は、自然の恵みです。

 

北海道の渓流は、雪解け水のおかげでいつも冷たくさわやかです。

北海道で水不足になったという話は聞きません。

特に6月は、エゾハルゼミが鳴いています。

山の蝉は非常に気が早いのです。

この森の空気も実に美味しく感じられます。

木々が出す濃密な酸素の塊がのどをとおり

体に吸収されます。

水のきれいな川は、また、ヤマベやイワナの住み家でもあります。

また、川から見上げる空は、実に美しいものがあります。

このパンデミックが終わったら、

日常を取り戻し、

にこにこ笑って暮らしたいですね。

 

人間はいつか死ぬことを知っていますが、

いつ死ぬかはわかりません。

 

人生は、限られているので、自分のやりたいことを

していくほかはありません。

pickup