バス停のある群像① 始めました。三部作の最後です。

三部作っていい響きですね。

静物、人物、風景を描きますが。F130号の大作となると、いろいろ自分の考えを入れたいですね。

大作はテーマを決めます。ざっくりと群像を描こうと決めています。

何故かというと、人間に対する興味が一番強いからです。

一番興味のあるのは自分自身です。(芸術家っぽいですね笑)

一体、自分は何者で、どこから来たのか、ゴーギャンそのものの疑問を解決したいですね。

 

生きるということはずばりそのことではないのでしょうか。

 

ゴーギャンは、生まれてから死を迎えるまでの段階についての大作を描きました。素晴らしい作品でした。

ムンクも、人間の三段階について、少女、女性、老婆までを一つの画面に展開した、「生命のダンス」が有名ですね。

生命のフリーズは、ムンクのライフワークですね。

嫉妬や不安、憂鬱、恐怖などのもとは、生きるということですね。

 

さて、今までは、まず歩く人をテーマにやってきました。これが結構面白いし、難しい、絵というものは2次元で

時間の経過は、奥行きなのでそのすり合わせが難しいのです。また、デッサン的にも、高度な技を要求されるので

なかなか良い作品を生み出すまでには行きませんでした。

 

次は、待つ人の連作を考えました。雪のバス停で待ってる家族の肖像は結構気に入っています。星月夜を見上げる一人の男の絵も描きました。

人生は、何かをなして、待つだけですね。

 

三部作の最後は、「街と人」です。

どうして人は街に住むのか、やはり一人では生きていけないからでしょうか。孤独を愛する人も、また、人との関わりがあるからこその孤独なのでしょう。

夢を見て、それに向かうことで、生きることにつながるというのが今の認識です。

普通の普段の生活の中に、美は潜んでいます。

美は人間の内側にあるので、気づく人と気づかない人がいます。

強烈なインパクトのあるものは、きっとすぐに飽きられてしまうでしょう。

気持ちの悪いものや醜いもののテーマもインパクトはあります。

死をテーマにしたものも、インパクトはありますね。永遠のテーマとも言えますが。

視点をさかさまにしたのものもインパクトがありますね。

セザンヌはリンゴで絵の世界を変えて見せると、奮闘努力して、絵画の父になったように、心に美を持てば、感じることのできる世界は広がるでしょう。

ゴッホも、ミレーの模写などから始め、奮闘努力して、鮮やかで切ない芸術を完成させましたね。

 

自分自身に向かうことによって、窓の景色も変わっていくでしょう。

 

Cは、街と人、街の中に立ちすくむ人と歩き始める人、向こうに行く人、向こうから来る人これからどうなるのか楽しみですね。

 

 

おすすめの記事