伏木田 光夫(フシキダ ミツオ)作品展のご案内

今日は 2021年10月6日から北海道室蘭市民美術館で11月14日まで開かれる

伏木田 光夫(  フシキダ ミツオ)作品展のご案内です。

このブログを見に来られた方は

芸術好きの方々だと思います。

そんな、あなたにぜひ見ていただきたい展覧会です。

 

いい絵を見たいと思っているけど、

いい展覧会がない。

 

確かに、コロナのせいもありますが、

個展や展覧会が減っているのも確かです。

 

たまに見に行っても、わけがわからん絵が

並んでいて、少しも心が動かない。

 

そっくりさん、写真みたいな絵が並んでいて

では、写真でいいではないですかなど。

 

何か、カーペットみたいな絵だなとか

これなら自分の方が上手だなとか

 

感動したいという気持ちがすごくあるのに

美しいものを見たいと切望しているのに

この展覧会はあなたの魂を動かします

 

 

昔、ボナールの黄色のミモザの絵を見て、あまりの美しさに、目が喜んで喜んでくすぐったくなることがありました。

脳が感じたのでなくて目が喜ぶ感じは初めてでした。

東京の西洋美術館にある、モネの睡蓮も目が喜びます。

このように、ダイレクトに来る感動をあなたにも味わってほしいのです。

あなたの目を喜ばせましょう。

 

11月6日(水)午前10時からのオープニングは本人出席の予定です。

 

本州の方は、これを機会に、北海道の室蘭という地方都市を訪れてください。

函館と札幌の真ん中あたりです。

緊急事態宣言は解除されているでしょう。

 

近年作を中心に55点の出品です。

人物、静物、風景すべてのジャンルで、中心となる視点は、

「生命の色彩」ということです。

生きている絵といってもいいでしょう。

 

 

 

 

明日からの生き方が変わります。

大げさではないですかといわれそうですが、そうではありません。

ぜひ、お勧めします。

 

近年作

(注)下の作品はすべてが展示されているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事