救いのないのは現代的ではある

 

待つ人 駅

なるようになるといいますが、迷って迷って、人物は移動を続け、色も濁ってきました。

こっちは100号の方で、公募展用ではないものの、変な絵は出せない。いままでは、家族のいる風景で、バス停で待ってたり、雪原でたたずむシリーズをやっていたので、この孤独感のあるテーマでいいのか。

子供を一人登場させるかも、救いのないのは現代的ではあるが、

やはり、救いも欲しいのでは、なんていろいろ考えちゃって進まない。

希望の象徴は何だろう。

青空、太陽、月、果実、生命のあるもの、

妬みや恨み、悪ではないはず。

小鳥は肩には止まらず、とこかに行きました。

この次は、フランシス・ベーコンの考察をまじめにやりたいな。

おすすめの記事