スウェーデンヒルズでとは、札幌に隣接する当別町にある丘の上の住宅地です。

昔小説家、失楽園の渡辺淳一も住んでいたらしいです。

ここは、スウェーデンハウスという住宅メーカーの家しか建てられません。

それで、ここは北欧そのものの景色が現れたのです。

赤茶色の壁と白い窓枠の家は、まるでスウェーデンに旅行しているかのようです。

町内会費も高いので、公園や道路の管理、冬の間の除雪もしっかりしていると聞きます。

 

今日はサイクリングがてら、スケッチに行ってきました。

 

洋風の家の向こうに、石狩湾の薄い青の海が見えます。

北海道はこれから寒くなります。

雪の季節は少し憂鬱になりますが、また、雪の美しさもあります。

 

明日のことは誰しもわかりませんが、前向きな気持ちをいつも大切に、

投げやりにならずに続けることが肝心です。

 

 

 

おすすめの記事