幸運は不運も連れてくる。幸せすぎて怖い,

幸運が訪れた時に

「幸せすぎて怖い」

と表現することがあります。

この世は、常にバランスをとる方向に進むということが

経験的に感じられるからでしょう。

 

人生山あり、谷ありといいますが、

必ず変化は訪れます。

時間はひとときも休むことはありません。

春夏秋冬、朝でも夜でもどんどん進みます。

 

 

日本では厄落としといって、不幸の前払いを奨励することがあります。

 

家を建てる時は、散財をして、お餅や小銭をまき、近所に配ることもあるでしょう。

または、奉仕活動をして、他の人に役立つことをするということも行われます。

 

浮かれすぎないように戒める意味もありますね。

浮かれて、思わぬ事故に巻き込まれることもあります。

気を引き締めていきましょう。

 

東京の公募展の絵を運んでもらう時期になりました。

私は、最近はヤマト運輸株式会社に依頼しています。

 

しかしながら、運送料の高騰は頭が痛い問題です。

F130号の絵を2枚、公募展の搬出入手数料込みで札幌東京往復で40000円です。

審査料は12000円なので合計52000円かかりました。

 

なにか、いいことないかな。

おすすめの記事