大雪でスキーシーズン開幕 パウダースノー北海道とヴァニタス

 

雪が一杯ふりました。

大通公園ではLEDの光の祭典が始まりました。ライブカメラで見てください。

ホワイトクリスマスになりそうです。

 

準備はできましたよ早くスキー場に行きましょう。

かつてのスキーブームは去り、今は、シニアの方が中心のスキー場。

かつては、若い男女が色鮮やかなスキーウエアを身にまとい盛り上がっていた時期もあったのです。

「私をスキーに連れてって」という映画も作られたほどでした。今年は冬季オリンピックがあったのにもう

遠い思い出ですね。

ジャンプは、ここサッポロに2つのジャンプ台、宮の森と大倉山にあります。大倉山はミュージアムもついていて

1972年の札幌オリンピックの展示も面白いですよ。

ジャンプは普通の人は怖くて飛べないと思います。

札幌はスケートもできます。市内に5か所ぐらい公営のスケート場もありますよ。けっこうおもしろいです。

テイネやばんけいのスキー場では、モーグルやその他の種目、スノボの各種コースも完備楽しいですよ。

藻岩山の市民スキー場では、そり遊びもできます。

滝野国営公園でも、ミニスキー場があったりしてお子様向けにはぴったりですね。

 

クリスマスは子どもたちのもの、子どもたちが幸せになるように大人は頑張らないといけませんね。

しかしながら

こういうときこそ

ヴァニタス(ラテン語で空しい)を考えましょう。

クリスマスは

ヴァニタスいついても考える時期ですね。

この世ははかないもの、静物絵の中に、はかないものをいれて、

そして、人生を考えなおす絵画です。

これは大きな分野で、その比喩が決まっています。

むなしさを味わうという、まさに味わい深いものです。

頭蓋骨、腐った果物、シャボン玉、砂時計、楽器など
とにかく空しくてはかないものを描くのです。
セザンヌにも頭蓋骨と果物の絵がありますね。
そして、いまの幸せを味わうのです。
おすすめの記事