11月も中旬を迎えましたが、今年は温暖化の影響か、そんなに気温が下がらない日が続いています。

リンゴの2日目ですが

今日は、リンゴの色について考察しました。

青りんご、赤リンゴなどがありますが

赤いリンゴを描く場合、赤といわれる絵具はたくさんあり、それにオレンジ系統もあります

絵具はニュートン

 

ウインザーアンドニュートンは、英国王室ご用達のイギリスのメーカー

私は、これを中心に使っています。

色実がよく、堅牢です。

中心はブライトレット、深い赤色の場合は、ローズをいれて、カドミュウムレッドもいいですが超高いので買えません。

ウインザーオレンジ

 

青りんごは、パーマネントグリーン、ビリジャン、と、クロームイエロー

 

マツダスーパーはの黄色とブルーコンポーゼ、コーラルレッドだけ使います。

 

ブラックも使います。

色が、濁らないように混ぜないで上から塗りこみます

 

陰の部分にセピアを使うこともあります。

 

赤と緑は補色関係でギラギラします。

 

そこで、接着剤となるのがホワイト、フレッシュチント、ネイプルイエロー、ジョンブリアンなどの乳色です。

この乳色たちは、補色関係の仲介役として、ギラギラを押さえます。

 

パレット上で色を混ぜることはしませんが、筆である色を取って、そのままほかの色も取って

筆の上で混ざることもあります。

 

筋ができていい感じです。

筆はすべて豚毛です。

 

pickup
おすすめの記事