アンソールといえば、どくろと仮面

アンソールといえば、どくろと仮面です。もったした厚塗りで質感がありますね。

骸骨がストーブにあたっている絵が意外とよくて、垂直と水平の構図が緊張感がありますね。

ヴアニタス画(16世紀~17世紀 フランドル)の寓意性を持つ伝統もあるからな。

寓意性のある絵画は、今も1ジャンルありますね。髑髏、腐りかけた果物、シャボン玉など、この世の死と人生のはかなさを強調する静物画は永遠のテーマなのかもしれません。

セザンヌにも3つどくろが並んでる絵もあった。

アンソールは89まで生きたけど、その業績は若いころに限られて、裕福になってからは、あまり活躍できなかったらしい。

また作品は、個人蔵が多くあまり人目に触れないことも、日本人に紹介されない要因になっているのかも。

でも、大胆だし、人物を描いてるし、表現主義なのが好きなところです。焦燥感とハングリー精神は、芸術の原動力になりえたのですね。

ジョブスが腹ペコであれ、バカであれって言っていたのを思い出しました。

です。もったした厚塗りで質感がありますね。

骸骨がストーブにあたっている絵が意外とよくて、垂直と水平の構図が緊張感がありますね。

髑髏のある静物

ヴアニタス画(16世紀~17世紀 フランドル)の寓意性を持つ伝統もあるからな。

寓意性のある絵画は、今も1ジャンルありますね。髑髏、腐りかけた果物、シャボン玉など、この世の死と人生のはかなさを強調する静物画は永遠のテーマなのかもしれません。

セザンヌにも3つどくろが並んでる絵もあった。

アンソールは89まで生きたけど、その業績は若いころに限られて、裕福になってからは、あまり活躍できなかったらしい。

また作品は、個人蔵が多くあまり人目に触れないことも、日本人に紹介されない要因になっているのかも。

でも、大胆だし、人物を描いてるし、表現主義なのが好きなところです。焦燥感とハングリー精神は、芸術の原動力になりえたのですね。

ジョブスが腹ペコであれ、バカであれって言っていたのを思い出しました。

おすすめの記事