キルヒナーのコーヒーテーブル

待つ人2017

テーブルにつく人たちの群像を取り組んでた時期がありました。

その時見ていたのが、キルヒナーのコーヒーテーブルです。

妻のエレナが地元の農家の人たちとテーブルでコーヒーを飲んでいます。

朱色とくすんだ緑の補色効果で、表現主義的な絵です。

黄色もよく合っています。

緑と黄いろは無制限に混色しても濁りませんね。

テーブル上の白いカップはわざと面を単純化して、面を合わせていないのがピカソ風冒険ですね。

こういうなんでもない、ありふれたテーマがいいですね。

時代的な、流れを感じます。

さて、130号 駅で待つ家族の仕事も進んできました。

左の女性は必要かどうか悩んでいます。

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/uploads/2020/02/IMG_6731-scaled-e1582442352354-931x1200.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1501
その他
春の嵐
楕円のテーブルの人々 春の嵐とは、単純に気象現象としてとらえる人が多いですが。 イメージとしては、冬が終わって新しい生活が始まる。卒業、就職...