不安とともに生きる、生命のダンス ムンク

人間生きている限り何かの不安を抱えています。

この広い大空の下、あまたの人が不安と希望をまぜこぜに生きています。

 

何故、神は救ってくれないのか

神の試練は信仰を深めるために必要なもの

神に試されているなどは

 

果たして救いといえるのでしょうか。

 

ロシアの侵攻によるウクライナの悲劇は

どう心を慰めて行けばいいのでしょう。

 

大気は地球上を回ります。

ウクライナ上空の爆弾やミサイルで汚れた空気も

日本にやってきます。

 

その風たちは何を見てきたのでしょう。

さて、ベルリンを中心に、ドイツ表現主義の前夜

ムンクもやはり、その叫びを絵にしようとしていました。

 

風景と人間を貫く魂の叫びに耳を抑えながらも

表現せざる負えない

芸術家としての信条を貫いていました。

生命のダンス

 

 

この世の不条理を慰めるためのものでしょう。

北方絵画史の伝統

 

寓意的主題の3つの形態

処女と娼婦と尼層

誕生と思春期と老い

このサーキュレーションの中で芸術は醸成されていきます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事