レールヨーロッパ・ムンクを観にオスロへ・テンスベルグへの道

レールヨーロッパで日本語で買えるけど、少し割高ですね。

なぜいいかというと、サポートが日本語で安全の上に、カードの決済が簡単だということです。

決済後電子チケットが発券されるといいのですが、発券されない種類のチケットだと、宅配便で1500円かかります。

高くないですか?宅配便でなく、手紙で送ってほしい。紙切れ一枚ですよ。

それに、予約手数料が別途1500円

往復チケットを買えば、片道750円

まあいいでしょう。

計3000円高いチケットを買うことになります。

しかし、滞在時間が非常にタイトで厳しい、海外旅行の場合この3000円の出費はしかたないと思います。

いざ現地で買おうとしたら満席だったとか、買い方が複雑だったとかする場合がありますね。現地で何週間も滞在できる場合は、きっと現地で買うのでしょう。

今回は、ムンクのサマーハウスに行くのが目的なので、オスロ中央駅から、テンスベルまでの往復です。

何か、小屋みたいですが、ムンクが精神的に一番安定していた時期に、傑作をたくさん描いていますね。

オスロ中央駅から、列車でテンスベルまで、1時間10分。

テンスベルからオースゴールストランまではバス30分の約2時間で行く予定です。

日本にも、群馬県立美術館に、「オースゴールストランの夏」という作品がありますね。

実に爽やかでいい絵ですね。

絵具がしゃぶしゃぶして、非常に爽やかですね。「星月夜」やあの有名な女の子が3人いる桟橋の絵、「桟橋の少女たち」、「橋の上の少女たち」がかかれたらしいですね。

ムンクファンならぜひ行かねばならないところですね。

テンスベルからのバスが問題ですね。オスロ市内も交通についてはいろいろ情報があるのですが、郊外のこのテンスベルからのバスは、どこでチケットを買うのか調査中です。

ノルウエー全体で、何社のバス会社があるのか、それとも、どこのバス会社も互換性があるのか、スイカ、PASMOみたいのがあるのかということです。

でも、テンスベルまでいって聞けば何とかなるでしょう。

ここでも、英語力が問題になりますね。何せ、ホントに、私の英語力は、ジャスト ア リトル

いつも聞いていた、ラジオ英会話が変わってしまい。他の時間に移りました。少し、ショックです。

アイ ウドライク トゥ ゴウ オースゴールストラン イズイット ライト バス.

オースゴールストランに行きたいんだけど、このバスであってる?

ここまで進ました。

8月まで意外と早くきそうです。

 

最近買った旅行用品、無印でストールを買いました、2900円の3割引きでした。このストールは、防寒だけでなく、飛行機ではアイマスクの代わりになりますよ。

寝るときに顔を隠すのです。

 

もう一つは、モンベルで帽子を買いました。男の帽子は難しいです。野球帽だと一気におじさん感が出ちゃうし、昔はやったヒッピーがかぶってた帽子、調べました。

その名は、チューリップハットなんて売ってないし。

結局、登山用品のところで無難なデザイン、ストーン色(カーキ色)のを買いました。2400円

 

 

 

pickup
おすすめの記事