ノーベル賞と黄金の間・JTBのツアーに参加して

今年は、コロナの影響で実に多くの会合がキャンセルされました。

トランプさんは、中国のせいだと声を高く宣言しています。

私が、ストックホルムを訪れたのは2019年の夏、まさかこんなことが起きるとはだれも考えもしなかったころです。

まさに、神のみぞ知る、ということでしょうか。

このストックホルムの会場は、天井がものすごく高く、金色のモザイクがキラキラしていて豪華でした。大きくて圧倒されるのでした。この大きさで圧倒するのは、ローマのバチカンで見た最後の審判もそうでした。最後の審判は、筋肉ムキムキの人物が壁いっぱいで圧倒されました。青い色がきれいでした。

ここ、ストックフォルムは金ぴかです。

 

ノーベル賞の晩餐会は、こことは別の階段のある広間です。

でもとても、地味なところで、感動はありませんでした。

 

やはり、ここでしょう

 

感じてください「この情熱を」

 

 

 

 

 

売店の柱にいすが高く掲げられていました。受賞者は、自分の座った椅子にサインをするそうで、それを見せるために展示しているのでした。

この売店の名物は、ここでしか買えない、チョコレートです。メーベル賞を模した金紙に包まれたチョコレートです。この限定品は、やはり人気があって、列をなして買いまくる人が多いのでした。箱単位で売れていました。

お味は、普通でした。

 

おすすめの記事