定山渓は、札幌の奥座敷

札幌市はものすごく面積が広いんです。東京23区の2倍です。

札幌市だけでですよ。

人口は190万 横浜 大阪 名古屋 札幌です。

しかし、定山渓まで札幌市なので、山がだいぶある。そこが、ヒグマの生息地なのです。

もういっぱいいます。

家に帰ったら熊が冷蔵庫をあけてコーラを飲んでいたなんて、冗談が本気にされることもあります。

定山渓(じょうざんけい)は、札幌の奥座敷、いい温泉が湧いていてホテル、旅館がたちならびます。

発見者、定山和尚がエライデス。

近くに豊平狭ダムがあります。環境にやさしい電気バスに乗り換えないといけません。凄いダムで高所恐怖症でなくても足がすくみます。肝試しにどうぞ。

自然がいっぱいでオオムラサキが群れを成して飛んでいます。1957年、オオムラサキが国蝶となりました。一目は、青く真に美しい蝶です。多数飛んでる姿は夢のようです。

ONSEN食堂でインド人の作る本格カレーも聞いたことがあります。

さて、川は何せ温泉が流れ込んでる川なので、また、多くの温泉旅館の排水、また急流でもあるので、釣った話は聞きません。

豊平川(とよひらがわ)に合流し札幌市内を流れます。豊平川はいずれ石狩川に合流して、日本海へと流れ込みます。

八剣山

果樹園が広がり、ハーブ園、宿根草の苗を売ってる花や、

有名な八剣山(はっけんざん)もあります。

この、山は、一言でいうと、西部劇に出てきそうな奇岩の山です。山頂に八本の剣が刺さった山です。

登った人の話を聞くと、上がガレ場で非常に危険、左右に逃げ場がないので、怖くて這って進んだということでした。山麓から見るとなぜ、どうやればこんなふうになるのかと感心します。

その下流の方は、渕があったり、ダムがあったりしています。なかなか川に近づくのが難しくなります。3つのダムの最後は、藻岩ダム。その下に十五島公園、この公園は炊事遠足に使われる流れの緩いところですが、かつて、ダムの放流の連絡がなかったことから事故が起きてしまったこともありました。

管理の難しい暴れ川の一面もあるのです。

昭和58年の水害では、川沿いの家が何件も流されたほどです。

河川敷はサイクリングロード、遊歩道が何十キロ整備されています。早朝から夕方まで結構な人がいて、街の真ん中を静かに流れています。

豊平川では長いことサケを放流してきました。ほんの僅か上ってきます。カムバックサーモンが合言葉でしたが、最近聞かれなくなりました。

豊平川サケ科学館、入館料ただもありますよ。小さいけどなかなか興味深いものがあります。

前に行ったときは、巨大なイトウを見ましたよ。

おすすめの記事