展覧会の所要時間は30分?

すぐあきちゃう展覧会がありますね。

大体飽きちゃいますが

しかし、セザンヌ、ゴッホ、ムンク、スーチンは飽きませんね

凡庸な絵との差は

ズバリ

生命観 生命感ですね。

人間が生きていくのに一番大切なことですね。

作品の底に、ヒューマン的なテーマが入っているのがいいですね。

 

ワクワクドキドキ キューンとなったり言葉では言えないものが芸術の本質ですね。

だから、風景画で自然物しか描いていない絵は物足りないですね。

道路、建物、畑、桟橋など人間の関わっている物を少し入れるのがいいようですね。

人物画は直ですが

感情移入をせずに、フォルムとしての美の追求が高級ですね。

 

情念に支配された作品は、嫌な負のエネルギーを感じます。

そういうのがお好きな方もいますが。

スーチン、ゴッホで30分

ムンクで

60分

やはり、好みがありますね。

 

水墨画は20分 色の濃淡の観察で

インスタレーション10分 説明が多いほど平凡ですね。短い言葉でシャープな解説が必要です。

何だか解らないものが多いです。

共感的な態度で見ることが大切ですね。

大体、絵を描こうなんて地味で迷惑をかけないし、いいではないですか。

誰が何を描いても構わない。

 

この生まれてきたという不思議を表現したくなるのは、人間の本質でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事