北海道のお土産

皆さん知ってる「白い恋人」クッキーにホワイトチョコを挟んだだけのものですが、新千歳空港では、買ってる人を見ますね。

石屋製菓は、西区宮の沢に、白い恋人パークというプレゼンテーションのための工場兼ギャラリーは人気です。観光バスも止まる御土産物の建物です。コンサドーレの関連施設もありますよ。

六花亭は帯広のお菓子屋ですが、元は札幌千秋庵からのれん分けしたお菓子屋ですよ。札幌千秋庵は、老舗で「ノースマン」パイ生地にあんこを詰めたお菓子、「山親父」クマのイメージの四角いせんべいが有名です。一方、今は六花亭がシュアを大きく増やし逆転しました。六花亭は、「マルセイバターサンド」が主力で、クッキー∔ラムレーズンとクリームの大カロリーで、一個で満足のお菓子です。

あと、柳月も有名です。「三方六」というバームクーヘンが主力です。

今一番飛ぶ鳥を落とす勢いなのが、ロイズです。チョコメーカーですが、謎の急成長、札幌郊外の石狩当別というマイナーな土地に工場があります。

まあ、主力はチョコなんですが、塩味ポテトチップに、チョコをかけたやつ、「ポテトチップチョコ」というそのままのネーミングで売れてます。

パンも作っています。

後は、「わかさいも」です。洞爺湖名物わかさいも、芋といいながらマメでできている美味しいお饅頭です。わかさいもをあげたやつもおいしいです。

苫小牧のハスカップを使った、三ツ星の「よいとまけ」もおいしいですよ。これは、ロールケーキです。

旭川の「旭豆」は、砂糖をまぶした豆ですよ。妙に後を引く美味しさ。100年の歴史のあるレトロなお菓子

新参者は「ブラックサンダー」ですが、これはまだ、北海道の銘菓かといえばうーんという感じですね。これから残って行けるといいですね。

函館の「いかめし」を忘れてました。これは、お菓子ではないけど、いかにも函館という感じがしますね。「五島軒のカレー」もおいしいですね。五島軒は、歴史ある函館の洋食屋、気取り過ぎずホントの洋食の味が人気です。

阿寒湖の「マリモようかん」は、つまようじの先でプチっとさすと、ぷりんと羊かんが出てくる楽しいお土産です。

北海道らしいといえば、カルビーの「じゃがポックル」北海道100%で作っています

これは、地元スーパーにしかなく、お土産物屋にはない、通のものを最後に紹介します。これを買って帰れば、あなたも北海道通になれますよ。

大きめのスーパーには必ずありますよ

まず、坂の「ラインサンド」細長いビスケットにクリームがサンドされてる。レトロ菓子、この会社は「しおA字」という、不思議なビスケットも販売。美味しいですよ

栗山町、創業100年、谷田の「きびだんご」パッケージの紙に「きびだんボ」と書いてあるので、え、と思うがそれでいいのです。硬いもちのような食感です。美味しいですよ。

おすすめの記事