北海道でバイクに乗る、国道393号線で小樽から倶知安までGOGO

本州では猛暑が続いているそうですね。

北海道は涼しいですよ。

炎天下は確かに暑く30℃を超えることがありますが、木陰に入れは別世界。

涼しいですよ。

北海道のキャンプ場は広いですよ、最近はオートキャンプ場も充実しています。

道の駅では、キャンピングカーが何台も止まっています。

やはり、キャンピングカーの欠点、トイレ問題でしょう。

キャンピングカーについているトイレを使うと、その後始末が超大変問題でしょう。

薬品を入れて匂いとかを薄めていますが、かえって水分量が増えてしまい、タンクを持ち運ぶのが

重くて大変だし、どこに汚物を捨てればいいのでしょう。

キャンプ先進国のアメリカでは、専用の処理端末があり、あまり手数がかからずに処理できるようです。

道の駅のトイレで、汚物を捨てるのが考えられますが、重い汚物タンクを抱えて個室に入り、

水を流しながらタンクのふたを開け、少しずつ流すという離れ業をできる人は少ないでしょう。

キャンピングカーのトイレは使わないのが正解です。

さて、この時期は、バイクが多いですな。

今人気なのは、札幌から倶知安にいく国道393号です。

 

 

北海道最後の酷道であったが、近年か倶知安まで開通しました。交通量がアップしました。

色々なバイクが見られます。

道の駅や、コンビニでは展示場状態になっています。

女性ライダーも増えてきましたね。

小樽毛無峠のヘアピンカーブの連続では、腕を試され、キロロで遊んで、赤井川村で山中牧場でソフトクリームを食べ、道の駅赤井川でショッピング、今度は羊蹄山を目指してひとっ走り、倶知安でジャガイモを食べて、帰ります。

ちょうど1日遊べますよ。

いいですね。

あと、北海道にきたなら30km真っすぐの道を走りたいですね。

国道12号

美唄から滝川まで、時速60kmで30分間、ずーッと真っすぐ、でも、つまんないかも。

次に走りたいのが、

国道238号

網走から稚内300km時速60kmで5時間もかかっちゃう。見えるのはオホーツク海です。

日本海、太平洋はよく見るでしょうが、オホーツク海を見たことがありますか。

寂しいですよ。

何にもありませんよ。

漂流物すらない。

稚内、宗谷岬は日本の北のはじっこ、ぜひ行ってみたいですね。

日本海側も行けますが、バイクで走るのにはこっちの方がいいですよ。

最後に走りたいのは、

国道236号天馬街道です。

名前がいいですよ。

天馬街道、天高く馬肥える秋は紅葉も見どころになりますよ。

海でなく山を爽快に走りたい人はここです。山の中をいい道路がありますよ。

139kmしかし、野塚トンネルは注意です。4kmほどあります。

浦川から帯広

帯広では、六花亭本店がありますよ。しかし、売っているものは同じだけど。

おすすめの記事