石原裕次郎の歌に出てくる北海道 恋の町札幌

札幌モエレ沼公園の桜

裕次郎の粋な声で聴く恋の町札幌は

時計台の下であって私の恋は始まりました。

で始まります。

 

その歌詞の最後は、

淋しいときむなしいとき、私はいつもこの街にくるの、

どこか違うの、この街だけは、なぜか私にやさしくするの

恋人なのね、故郷なのね

ありがとう、私の恋の街札幌

 

その魅力は何なのでしょう。

北海道という意味では

「果てしない大空と広い大地のその中で、

いつの日か幸せを自分の腕でつかむよう。」

BY 松山千春。という世界観ですが。

 

しかしながら、北の都札幌は人口190万人の東北以北最大の街です。

北海道の都会という複雑な生い立ちが

恋人であり、故郷なのでしょう。

 

札幌には何も目立った観光スポットはありません。

時計台が市役所の横にあります。

観光地がっかりスポットといわれています。

ココで会っても恋が始まるとは思えないでしょう。

なぜなら、広い大地に緑に吹かれてたっているわけでなく、

すっかりビルに埋もれているからです。

なんか、イメージが違うということになるのです。

 

ススキノは比較的安全な繁華街と言われています。

その名の通り、昔は立派なすすきの木がたくさんありました。

 

メインの通りは、あまり心配ありませんが、横道裏道は注意が必要です。

北海道の海産物を目当てに来る人や、それ以外の人人でいっぱいです。

 

 

 

藻岩山から見る景色、夜景もきれいです。

ロープウエイは何度か事故を起こしているので、気を付けて乗りましょう。

しっかり、手すりにつかまる、衝撃に備える必要があります。

 

標高は531m、ゴミ一杯の藻岩山と覚えます。

 

スキーをするなら、テイネオリンピア、テイネハイランドがあります。

市民が好きなスキー場です。スキーリゾートではないので、ホテルはありません。

観光客は市内のホテルに泊まります。ちなみに定山渓温泉も札幌市内です。

スキーに挑戦して、夜はススキノで一杯飲むのがいいでしょう。

 

オリンピアはその名の通り1972年札幌オリンピックの会場、聖火台も残っています。

ハイランドには、有名な「オリンピック女子大回転コースが」そのまま残っています。

 

自信のあるスキーヤ―はぜひ挑戦してください。

ほとんど、がけといってもいいでしょう。勇気がいります。

私は、何度もスキーを担いで帰ってきました。

今年も札幌雪祭りはキャンセルになりました。

本当にこのコロナには本当にイヤになります。

 

市民は冬の間は、地下歩行空間という地下道を通ります。

 

JR札幌駅から、ススキノまで、

地下鉄の駅2つ分の地下通路でつながっています。

 

レストランや多くのお店も地下にあります。

 

滑って転ぶ心配がありません。

来年の雪まつりにはぜひ通ってみてください。

 

 

 

 

 

pickup
おすすめの記事