私の好きな北海道の温泉・札幌定山渓温泉

 

札幌の温泉といえば、もちろん定山渓温泉です。

札幌市民なら、何度も来ているでしょう。

 

お坊さんが発見したといわれる定山渓は、川を中心に両側にホテルが立ち並びます。

 

 

マスコットはカッパです。

定山渓とは、札幌駅から車で1時間ほどの場所。

札幌市は200万の人口の大都市

札幌市内にこんないい温泉があるなんてみんながびっくりします。

明治政府が札幌を道都に選んだのは、この豊平川の作った扇状地にほれ込んだのです。

 

昔の札幌市は、いたるところで水が湧いていて、まさしく水に困らない状態でした。

 

道庁の池は、こんこんと水が沸き上がっていました。

また、北大キャンパスでも泉が湧いていました。

 

北海道大学は、市の中心部に広大な土地をもち、農場まであります。

 

札幌市自体も広大で、東京23区をまるまる飲み込むほどの大きさがあります。

 

その札幌の中心を流れる豊平川の上流にある大規模温泉地です。

 

大きなホテルが立ち並び、おもてなしを競っています。

札幌の中心地もホテルがたくさんありますが、温泉を楽しみたいのなら、

車で1時間で定山渓に行くのがいいでしょう。

 

有名なホテルもたくさんあります。

北海道の新鮮な食物は、札幌の市場に集まるので、

大変おいしい夕食が食べられます。

 

 

一番のシーズンは、紅葉の時期、観楓会を温泉につかりながらするのが風流です。

 

また、真冬でも人気があります。

札幌国際スキー場で滑って、そのあとゆっくり温泉につかるのも至福の楽しみです。

国際スキー場も老舗のスキー場でのんびりと楽しむことができます。

 

温泉饅頭もおいしいので有名です。

 

 

pickup
おすすめの記事