水量激減、狙ってたポイント消滅

シンコ、これが美味しいのです。とろけるというか、骨が柔らかいからですね。

東京の方は雨が多いと聴きますが、ここ北海道は、

2週間ほど雨がふっていませんでした。

先週釣れたシンコ場を目指したのですが、

何と言うことでしょう。水とりのところで全部水が取られて、

そこから下流域には、全然水が無くガラガラでした。水深1cmです。

これでは、釣りになりません。仕方無く、

下から上に向かってつりあがりましたが、少ししかでません。

もっとでてもいいところですが、先に誰かが釣った後のようです。

上の橋の近くで、老夫婦が仲良く釣っているのが見えました。

木陰に座り、お茶を飲みながら様子を見ていると。これが、二人とも上手。

リズムがとても良いのです。

えさをつけるーなげるーつる-魚をクーラーにいれるーパチン(ふたを閉める音)

ーえさをつけるーなげるーつるー魚をクーラーに入れるーパチン(ふたを閉める音)

ほれぼれしました。いいもんだな。

釣りはリズムだ

と感心しました。

次に親子連れに会いました。子55ぐらい、父80ぐらいのコンビです

。少し話をして情報交換をしました。この川の常連でいろいろ興味深い情報を得る

ことができました。この親子も、なかなかの釣果、うまい人たちでした。やはり、

ポイントは水量の問題でした。

二人でかなり釣ってました。100以上かも、

秋の気配、ススキが穂を出しました。

もう釣られてしまった

かもしれません。苦戦が続きようやく30ほど上げました。

橋のたもとで休んでいると、今度は、地元のおじさんが現れました。

子供のころからこの川で遊び何でも知っているようでした。

いろいろこの川のコア情報を仕入れました。昔はもっと管理されて,

護岸もしっかりしていたが月日とともに自然は勢いを取り戻し、

また、自然河川に近づいてきたこと。いまのこのあたりの子供は、

川では泳がず、プールで泳ぐこと。川は危ないから。

など、30分ばかり話をして別れました。

帰りはまた、地元の直売所で、どでかいスイカを買って帰りました。

道の駅では、トイレを使用しただけです。なぜかというと

直売所の方が、おばさんの話が面白いし、安いからです。

やはり、仁木町は果物王国ですね、土壌がいいのか、気候がいいのかぜひ皆さんも近くをとおったら、買って味見してください。

異変は帰ってから起きました。背中が石のように固くなって、モーレツに痛いのです。

がちがちで、ぎっくりごしの背中バージョンです。すぐ横になりました。

寝返りを打つ時も、痛くて叫びながらしました。今日の釣りを真剣にやり過ぎたらしいですな。

このブログの更新も、ようやく2日たってようやくできました。背中が柔らかくなりました。

釣りバカもほどほどに、

pickup
おすすめの記事