絵画鑑賞  棟方志功展 北海道近代美術館 みましたよ。

 版画なのにデカかった。

 

初めてみました。いろいろ勉強になりましたよ。

 

そだねー

日曜日に行ってきましたよ。

朝一でいったら、9時30分開場で10人ほどならんでましたよ。

混んでなくゆっくり観て、そして、楽しみました。

 

版画を主に、油彩(少し)の展示でしたよ。

版画なのにデカかった、すごくデカかった。

白と黒なのでやはり、すこしストイックになるようで。

でも彩色が施されている作品もいっぱいあって、私には、こちらの方が楽しんでみることができました。

 

モノクロームはストイックですが、女性がモチーフとしているので、線が柔らかい分、全体的にあまり精神的

にならずすむようです。

 

フォーブなところもあり、版画独特のエッジの効いた線が心地よく感じられます。わだば、ゴッホになるとか

宣言したとありましたが、ピカソ風なような気がしました。

 

東北の土地柄、例えば、やませによる冷害などに構想をえた、苦難と努力というような題材もありました。

ねぶた祭の巻物みたいなものもありましたね。民族の思いみたいなもの。

 

画面に満ち満ちに人体があり、勢いがあり迫力がありますね。一つずつ違いますが、サイズが同じものを並べ繰り返す

手法は、アンディ、ウオホールみたいな感じもしました。版画板の大きさで揃うのでしょうか。

 

油彩のヒマワリもありました。北大構内の絵もありました。こちらは、額も立派でした。

入り口、入って直ぐの油彩の風景画も雰囲気がありますが、ゴッホとは、違う画風です。

庭の描いた大きめの絵や、少女と題している絵は、やはり、色彩を意識しているというか、

版画の白黒の世界とバランスをとるためか、原色をそのまま画面に置いた感じがしました。

 

作用、反作用という言葉がありますが。やはり、バランスをとることが大切なのでしょう。

 

漫画で言うと

サザエさんと意地悪バーさん

ドラえもんと笑うセールスマンなどが例です。

 

制作する人、クリエータは両極端を行き来することになります。

 

ビートたけしの映画も、お笑いほのぼの映画と暴力バイオレンスにまみれたアウトレイジ。

 

さて、いつもこの版画で取り上げられる、いわゆる民芸と芸術との考察については、きっと、議論が沸騰するのでそこは避けていきたいと

思います。

 

東北は。民芸品の優れたところです、そこで生まれ育った者にはやはり、心のどこかに住み着いているものなのでしょう。

 

土着性というものをあんまり意識しない北海道人には、分からないところがあるのかもしれませんね。

 

そだねー

 

このパンフレット上が切れているので、替えてもらおうと思ったら、全部そうだった。チケットも上が欠けているような気がする。

そう思うの私だけかな?

おすすめの記事