ニュートンのパーマントグリーンライト

待つ人 部分

ニュートンのパーマントグリーンライトが好きでよく使います。

最近はマゼンダに少量のホワイトとモーブでグラデーションをつけるのも好きです。

マツダのブルーコンポーゼのNO1,NO2もよく使います。この色は、下の色を隠すので、デッサンの調整に使います。あまり使うと粉っぽくなるので注意です。

ホワイトはジンクを中心にシルバーやチタンを使いますが、最近はセラミックッホワイトというペンキに近い真っ白がありますね。平板にしたいときに使います。

ブラックはアイボリーであと木炭の黒も使います。

あと人物の顔にスーパーオレンジ(ニュートン)を少量入れることもあります。その時パーマネントグリーンライトも少量使うと陰影が出ます。

マツダのコーラルレッドも肌のいろに使ったりします。

スポンサーリンク
おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/uploads/2019/03/IMG_4882-e1553742528526-1044x1200.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/counton/sappoart.net/public_html/aburae/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
実際の手順
春は足踏み 新しく始めるときに
札幌では、暖かくなって、やった!もう春だと喜んでいたら、そのあと、寒い日が続き雪も降って積もりました。そのため、スリップ事故が増えました。「...