人物描くなら、PかMですよ。Fは難しい。黄金比と絵画制作

油絵で人物を描くので、PとMのカンバスを張りました。

P30号とM30号です。簡単言えば細長いカンバスです。Mの方がPよりまだ細長いです。

なぜ、人物はPやMにするかというと、Fで描くと空間が余ってしまうということです。

室内風景の中に人物がいて、テーブルのあり、本棚ありみたいな構成はFでもいいのですが、

人物そのものに集中したい、本格的に追求したいという場合は、PかMを使います。

人体は立ちポーズは特に、座っているときも、本当に細長ですよ。

正統派はMで黄金比 5:8 1対1.618そのものです。

ギリシャ時代から知られる神の比率

この美しい式を見てください。1:{\frac {1+{\sqrt {5}}}{2}}

葉の葉脈や巻貝のらせんなど自然界にもあります。

FはMを2分割したものです

Pは1対√2の比率、

これは、Pだったら2分割しても比率は変わらないという利点がありますね。

美しい比率の画面が与えられました。あとは、描くだけですね。

 

 

MもPも3550円でした

まず、4すみをとめて、あとは真ん中から、対角線上にとめていきます。

その次からは、カンバスを回しながら、やると早いです。

こうすると最終的に4隅の処まで進んできます。そのときにゆがみができることがありますが、慌てずに、その時は、その四隅をはずしておいて、最後に調整します。

木枠の裏表も間違いやすいので、号数が印刷されてる方が裏です。

張りきはあまりにも引っ張りすぎると、しわが寄っちゃうので、ほどほどの力でいいですよ。

自分で張れると、とっても経済的ですよ。

10m×145cmがコットンで11600円、麻で16980円でした。(ゆめ画材)

これだけあったら、たくさん描いても1年はもつのではないでしょうか。

乾いた絵は外して取っておけます。

木枠は5回は使えるので、描いては、はがし、

描いては、はがしするほど経済的ですが、

しかし、そこまでしなくてもいいと思います。

そのとき描いた絵は、二度と描けないのです。

毎日すべてのものが、動いているし、変わっている、変化しないものは何一つないのです。

その時の、純粋なきらめきは、2度と訪れない。

だから、尊くて美しいのではないのでしょうか。

垂直と水平=瞬間と永遠

今生きていて大地に垂直に立っている私も、いつかは大地にたおれ、水平になるのでしょう。

絵を描くときは呪文のように、垂直と水平を唱えないとだめですね。

 

30号以上のクリップといのがちゃんと売っています。普通のやつはスポンと抜けちゃいます。

 

 

おすすめの記事