閉鎖的世界をフォービズムで元気に!

フォービズムとは、20世紀初頭、強烈な色彩と固有色に捕らわれない自由な色彩。

 

野蛮で激しいところが、「野獣派」と呼ばれるゆえんです。

 

 

影の立役者がギュスタブ・モロー、その人こそが、マチスやドランの教授でした。

 

セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャンの後を受けて、

 

写実主義と決別したのです。

この野獣派には、好きな画家が満載です。

代表はマチスですが、彼の友達の中でも

特に、モーリス・ド・ヴラマンクとアンドレ・ドランが興味深いです。

特に、冬の風景がお気に入りです。

 

 

 

ヴラマンクは、性格ももろ野獣です。たぐいまれなる身体能力、まったくの自由人、

自転車選手をしたり、音楽家だったり多彩な人でした。

あらゆる権威に反抗し、独自の世界を開きました。

いわゆる、厚塗りです。

しかしながら、晩年は、ドランと同じように、セザンヌの世界に戻り、野獣派は影を潜めました。

 

セザンヌが、近代絵画の父といわれるとおり、偉大な画家ということでしょう。

ヴラマンクと日本には、面白い逸話があり、

それは、佐伯祐三が、ヴラマンクのアトリエを訪ねた時の話です。

 

日本からヴラマンクのアトリエを訪ねた佐伯がおずおずと、自作を見せたところ、

ヴラマンクは、烈火のごとく怒りだし、

 

「このアカデミックめ」と、

 

延々と厳しい言葉で、説教を何時間も続けた。

その激しさは、まさに野獣、

その間、佐伯は立ち尽くしていたという逸話です。

 

せっかく、コロナも終息かと思ったら、オミクロンなどという新種

この丸2年間の閉塞がまだ続くかと思うと本当にため息がでます。

 

こんな時こそ、フォービズムの絵を見て気分を盛り上げてはどうでしょう。

 

セザンヌが繰り返し描いたリンゴ、

コンポジション

空間認識

実に難しくも、面白い画題ということができます。

リンゴのあるテーブル21

赤リンゴと青りんごは補色の関係になるので、どうしてもギラギラします。

ホワイトや肌色などを接着剤にしていかなければなりません。

ゴーギャン風

ムンク風

 

 

 

 

 

pickup