最近のアートワーク・フォトショップの ニューラルフィルター

油絵制作というクラシックな作業をしていると、

「地味」だな、といわれることがあります。

確かに、今はデジタル時代、インターネットの広がりと、

皆が持っている、スマートフォンというデバイスは、情報の伝わる速さは昔とはくらべものにはなりません。

下の作品は、AIで処理したアートワークです。

逆に言えば、皆がアートについての情報を簡単に手に入れることができる。

そして、自分で手軽にアートを発信していけるという時代になりました。

 

絵といえば、銀座で個展という時代から、SNSで発表するというような時代になりました。

 

特に、ダンスや歌の得意な人が直接発信できる時代になりました。

ビデオや写真も世界中で共有できる時代です。

しかしながら、ゴッホの絵の価値はみじんも揺るがないという、電子情報でなく、フィジカルな、ゴッホの筆のあと、

生きていた証が刻まれた、重さのある油絵の素晴らしさは皆が認めることでしょう。

 

しかし、ゴッホの作品を直接に見ることのできる機会はあまりありません。

 

いま、デジタルアートの世界は、アドビの独壇場です。

 

アドビは、画像処理のソフトウェアの会社です。フォトショップ、イラストレーターをはじめ、ビデオ編集のプレミア、描画のフレスコ

と次々の高性能な製品を発表しています。

 

簡単に言えば、素人の私たちが、プロの使うソフトを簡単に利用できるということです。

 

そのうえ、使い方はユーチューブで分かりやすく解説してくれるという素晴らしさ。

フォトショップの最新版では、ニューラルフィルターが進化したので、色々試して見ました。

 

この、人物が山の風景画みたくなる、三角のシェイプは、安定性があり、面白いなと思いました。

 

pickup
おすすめの記事