ベニシアさん・久々の猫のしっぽカエルの手・春始まりの季節

春になったらしたいことがたくさんありますね。

今日の、猫のしっぽカエル手の放送は

 

元気なころのベニシアさんです。

健康そうな赤毛で、元気に散歩をしています。

健康そうで、強い足取り。

 

一番近況の放送回では、家族とともに

歩く姿が印象的でした。

 

今日は、新しい取材のものではありませんが、何回見ても安心します。

とくに、コロナとロシアの問題で精神のバランスが崩れがちな

最近は、このスローライフの番組は、非常に爽やかです。

 

こういう風に生きれたらいいのにな。

と思います。

 

そして、ヨモギの採集

ヨモギは北海道でもヨモギ餅、草餅を良く作ります。

ヨモギは香りがよく、裏の白い毛が気持ちのいいものです。

ヨモギのパウンドケーキおいしそうでした。

 

このころは、まだ病気の兆候は感じられません

視力が少し落ちたかなぐらいです。

こののちの、急展開は考えもつかなかったころ、

毎日一生懸命生きる、自然を大事に、資源を無駄にしない

正しい生き方が大切です。

道は遠いですが、自信をもって、困難に耐えながら進むこともまた

美しさがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫のジョー君が畑を手伝いに来ていました

思春期を迎えたジョー君が、はにかみながらも畑の手伝いをしているところがいい風景です。

ジョー君は小さい時から見てきたので、子どもって大きくなるのが速いなと思います。

 

葱についてのエッセイは、

湯がいた葱にホワイトソース、子どもの頃の思い出、

ヘルシー&ストロング

 

オーガニック素材のコスメを選んでいました。

野菜やパン、工芸

作った人の顔が見えるから、その交流を心から楽しんでいました。

若者をいつも応援している若者をいつも応援しています。

 

視力の衰えと、記憶の障害の進行性の病を抱えながら、

家族と友人と生きる。人生すべてを受け入れ、

そして考察する、自然と人のつながりに感謝しながら

エッセイで表現する。

都会で失われたものを取り戻し、快適に暮らす

 

「地球がみんなにとってのかけがえのない贈り物」だということに

みんなが早く気付いてほしいですね。

地球の資源を無駄遣いしている人はませんか?

 

絵の方は人物の2回目

足の組んでいるところが難しいです。

人物の顔はちょっとしたことで

すぐ印象が変わるので始めのうちは

あまり気にしないで進めます。

 

本を読むのは絵になりますね。

手紙でもいいですが、

手紙は何やら

ラブレターでしょうか、

いい知らせ

悪い知らせ

今は、ラインやメールで

きちゃいます。

 

 

 




おすすめの記事