パリ オルセー美術館での出来事 絵画鑑賞

 オルセー美術館での出来事

ルーブル美術館で1日を使ったわたくしは、朝一でオルセー美術館に行きました。まだ、オープン前ですが、ルーブルよりは並んでませんでした。

受付のおじさんが、日本人とアメリカ人ばっかだな、と英語でつぶやいていました。あまり、おフランス人は来ないようです。

ここの収蔵品は19世紀末の絵画の大変革、サロンからの卒業を肌で関じれれましたね。

1900年に駅舎として建築され、86年後に美術館としてオープンしました。確かに、ここは駅だったなと思わせる建物ですね。1848年以降の作品を収蔵、

19世紀から20世紀初頭は、美術史にとって旧変革の時期、

ロマン主義(ドラクロア)レアリズム(ミレー・コロー・クールベ)

そして、印象派(マネ・ドガ・セザンヌ・モネ・ルノアール・ゴーギャン・ゴッホ・スーラ)

サロンからは、ずっと排除され続けた、印象派に光が当たる時がきましたよ。

というのが、オルセー美術館の収蔵品ですね。

印象派は、1900年の万国博覧会までは、異端で、正当に評価されてなかった。不遇の時代です。オルセーは印象派好き人間にはまさにパラダイス。

マネの問題作、草上の朝食から始まり

セザンヌのリンゴとオレンジもきれいですね。

ゴッホのオーヴェ―ルの教会もありますよ。

ボナールの一連の作品も興味深く見ました。

もちろん、日本で一番人気のルノアールのピアノに向かう娘たちもあります。

印象に残ったのは、(笑)、

ドガのパステル画のコレクション、パステルなので作品に当てる光量を落としているところがよい。作家の息遣いが感じられました。何回も1~3回を、回廊を巡るように回りました。ミュージアムショップも充実していました。買いたいものがたくさんあったのですが、中には、日本製のものもあるらしいことを聴きました。

次にびっくりしたのは、ルソーの絵の完成度と美しさにびっくり、素朴はなんてとんでもない。計算され、意図的な考えられた作品で、彼の部屋は、異常なまでの緊張感で、空気がパリパリするように感じられるほどでした。

もちろん、蛇使いの女も見ましたよ。

なおかつ、美しい、絵具が光っている。認識を改めました。

彫刻も通路にたくさんあって、楽しめましたよ。マイヨールやプールデルがあります。

2Fのレストランは混んでいて、謎の東洋人が一人で入る余裕はありませんでした。相席になっても困るし。

屋上に上がって、パリの景色を眺めました。爽やかな風が吹き抜け、ホントに来てよかったなと思いました。

芸術の都とはよく言ったものですね。

おすすめの記事