テンぺリアウキオ教会・JTBの北欧ツアーに参加して

ここは、ヘルシンキでも人気のスポット。

ストックフォルムから豪華客船に乗って、ヘルシンキへ向かいます。

バルト海からの朝日は実に感動的でした。

トロっとした水面に朝日が上がりました。夕日がすくな人も多いようですが、

私は断然朝日派です。バルト海の朝日を見ながら船は進みます。

これから始まるというのがいいではないですか。

 

 

夜が明けて、ヘルシンキ港の入り口には世界遺産

スオメりンナの要塞が出迎えてくれます。

古い砲台があります。

真夏の北欧の朝の風に吹かれて気持ちがいいです。

 

 

 

さて、問題の意思の教会ですが。

巨大な氷河に押しつぶされて、かちんこちんになった岩盤をくりぬいて石の教会を作りました。

あまりに硬いので重機は役に立たず、ダイナマイトを使ったそうです。

 

かたい信仰という意味でしょうか。

 

この岩石の色を見てください。実に美しいですね。

注目してほしいのは、この格子状の天井から降り注ぐ光線が、素晴らしいアクセントになっているところです。時間により変わるこの光が美しいのです。

マチスの教会も、この光と影を上手に使っているそうです。

いつか行ってみたいですね。

 

赤紫のベンチもいいですね。

いつまでも眺めていたい、

これが芸術の力です。

 

 

この色彩の美しさは、清潔さは北欧ならではです。

冬には、すべてのものが凍り、消毒、浄化される。

昇華という言葉が当てはまります。

その覚悟が、キレの良さを生むのです。

 

 

 

 

 

 

 

この十字架が実にシンブル。

中世の教会にはない現代的な単純化は、すがすがしいですね。

ろうそくも1本。

燭台は、3本立てが多いですがここは一本バーンと置いてます。

 

 

また行きたいです。

 

パイプオルガンもあります。

おすすめの記事