オスロ滞在2日目計画 ムンク美術館と国立美術館  

AM6時起床

6時30分朝食

7時出発

ヴィラーゲン公園に行くでしょう。どうしてかというと美術館は、10時からだからです。

いろいろな施設があくまで、

この彫刻公園に行きます。

この公園は結構人気があるのです。行った人がいてかなり良かったよという人がいるからです。

まず、オスロパスにボールペンで日にち、時刻を書きます。

歩いてでも行けそうですが、トラムに乗っていく予定です。

オスロパスは、トラム地下鉄バスが市内すべてインクルージド、(ただし空港は遠いので含まれません)

ホテルのあるところから5駅ぐらいでつきます。

トラムの駅は300~400メートルおきにあるので便利です。

ただし乗降する人がいないと止まってくれないので、意思表示をしなければならないということです。

車内案内はノルウエー語ですが、電光掲示板が今の位置情報を教えてくれるので、

次の停留所が表示されたら、手すりにあるストップボタンを押さないといけません。

オスロパスのパンフレットを見てたら、

プールもタダで入れるらしい。異国の野外プールで泳いだら

いい思い出になるかもしれません。ヴィラーゲン公園にあるのがいいですね。

9時になったら、またトラムに乗って、中心部に戻ってきて

今度は地下鉄に乗ります、いよいよトィエンに行きます。

トィエンとは、ムンク美術館の最寄りの地下鉄の駅です。並んで待って10時に入ります。

1時間ほど見て、カフェでムンクケーキを食べるというのが、

今回の旅の第一目標です。

12時

次に地下鉄に乗って、オスロ中央駅に戻って、そこからトラムで市庁舎前に行きます。アーケル・ブリッゲ。そして埠頭からからボートに乗ります。

行先はビグドィ

バイキング船

フラム号

コンチキ号

ノルウエー民俗博物館

は、すべて無料で見られます。

この海沿いの博物館でのんびりします。

ランチもいただきます。

午後1時

またボートに乗って市庁舎前まで戻って、

トラム12番で中央駅、トラム11・17・18で

午後2時

いったんホテルまで戻ります。

そして、昼寝をします。ここがポイントです。ここで一回寝ることで、気分をリフレッシュして、

午後3時半

今度は、国立美術館に向かいます。国立美術館は有数のコレクションがそれっています。

午後4時半

残った時間は

夕暮れが近づいてくるので、ムンクの代表作とされる「叫び」の描かれた

丘の上に行きます。

トラムで近くまで行って丘を登ります。

午後5時半

フイヨルドを眺める丘で写真をとります。

誰かにあのポーズをしたところをとってもらいたいですね。だらかいないかな。

これで1日のオスロ探検はおしまい。

6時半

カール・ヨハン通りをホテルに向かって歩きます。

グランカフェにもよりたいですね。

7時

ホテル着

次の日は、コペンハーゲンへの日帰り旅行です。

早めに寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事