北海道って言ったらカニ

北海道人は普段からカニを食べます。ということはありません、やはり時期があって、家庭で食べるのはやはりお正月ですね。

 

タラバガニはヤドカリの仲間で足が3本ですよ

花咲ガニ、アブラガニも仲間です。大きくておいしいし、花咲ガニはカラが痛いけれど、タラバは持ちやすく、つるってしていていいですね。

悪いところは、値段が高すぎるということです。足1本2000円とか平気でしているので、最近は食べたことがありません。

一回、焼いたタラバを食べたことがありますが、この食べ方が一番おいしいと思います。ゆでたのとは違って味が濃くなっていて、香ばしいですな。

カニのあるテーブル

毛ガニは一番うまいと思います。

タラバよりは小さいですが、味が濃いです。生きてるやつを自分の家でゆでてもあまりおいしくありません。たくさんの毛ガニを一緒にゆでるから美味しいという人がいますが、なるほどと思います。

毛ガニも大きいやつは高いですね。5000円ぐらいから美味しいやつになりますね。

カニは重たいやつがいいのです。よく、夜上げといって、脱皮してすぐのやつでかすかすにやつを騙されて買うことがありますが、持ってみればわかります。

あと、冷凍したやつを店頭に出して、売れなかったのでまた冷凍して。また次の日に出してなって言うことをする悪徳カニ屋がいますね。これは、見た目がいいので騙される可能性が強いです。

昔は、カニと言ったら長万部(おしゃまんべ)といって、噴火湾でとれたカニを良く売っていたのです。いまだに、長万部のカニ飯は、全国駅弁大会で上位を獲得しますね。

あのカニは、本当に噴火湾産なのでしょうか。

あの、グリンピースは必要なのかな。とか、いろいろありますが。昔は、わざわざ長万部のかに屋で買っていたのですが、2回連続はずれのカニ屋で、もう2度々買わないと心に決めたことがありましたが、その次がいいかに屋だったので、満足しました。

やはり、良いカニ屋を見つけるのは難しいですね。

わたしが、間違いのないカニの選び方を伝授します。もちろん毛ガニですが。

札幌のデパートにいく、丸井か大丸のデパ地下に行く、この二つは、北辰という魚屋がやっていて、安心安全です。そして、魚や担当のおじさんに選んでもらうのです。

素人が選ぶのは無理ということです。

仕入れ段階から知るプロに頼るしかないのです。

駅前には、佐藤水産があります、ここも高品質です。値段もまずまずでいいののが手に入ります。

ここのおにぎりがうまい、北海道産米によいサケ、または、いくらたっぷりのおにぎりを食べたら大満足。

デパ地下の、サザエ食品のおにぎりもうまいです。

ズワイガニは北海道ではあまり売られていません。

 

 

おすすめの記事