結婚式は会費制 15000円程度 北海道の常識

北海道の結婚式は簡単です。

なにも約束事がないからです。

こうやったら、誰かに何か言われるということは、何一つありません。

いや、気にしません。

 

「それは、それでいいんでないかい」

 

で、おわりです。

自由主義国だからです。独立したいくらいです。

因習がない、地縁の閉そく性がない。

 

この北海道王国は、道民一人一人が王様、

大泉洋や松山千春、ドリカムの女の人、中島みゆきを見れば明らかでしょう。

 

発起人会という、製作委員会みたいな組織を勝手に立ち上げ、そこが主催だから、会費制でいいんです。

新郎新婦は関係ありません。

世話人が勝手にイベントをやってる感覚といっていいでしょう。

会計から、運営、2次会3次会の手配まで、

 

内容も決まりがなく、好き勝手にできます。

仲人がいようが、いまいがそれも自由、みんなで酒飲んで盛り上がります。

阿波踊り、花笠音頭、よさこい何でもあり。

楽しければいい。

 

新郎をのせるおみこしまで自作したりします。

おもしろいと思ったらやっていいんです。

友人がなんでもします。

司会の上手いやつ

エレクトーンやピアノを弾ける人

歌が上手い人

ダンスがプロ級の人

皆自前だから安くできる。

 

上司などもいますが、あまり関係ありません。北の大地では、冬は毎日命がけ、

上下関係はなく助け合う仲間だからです。

雪に埋まったら、みんなで掘り起こしたり、引っ張りします。

 

 

宗派は何でもよく、キリストさん、お釈迦さん、アマテラスさんみんなと友達。

ゾロアスター教でもOK、

 

気にすることはない。

理由は簡単。ここは「でっかいどう」だから、

そんなちっちゃなことはどうでもいいべさ。

 

本人同士がいいって言ってるんだから。

 

ただそれだけ。

感覚的に、会費15000円で100名以内の披露宴が多い様です。

150万でやります。

ご両家ご負担0円

ということもありますね。

あなたも、すぐにでも結婚式があげられますよ。

 

ぜひ、北海道にきて、草原の地平線が曲線で見える場所で、何かを感じてください。

この世に生れてきたことへの使命を感じてください。

 

 

おすすめの記事