北海道の渓流釣り 雨が降ると、家人がうるさい

雨が降ると

 

まず、家人に文句を言われます。

「また、いくの」「こんな日に行くの」

「危ないからやめなさい」

「家の雑草抜きがまだでしょう」

これが大変、男のロマンは女性には分からないでしょう。

おっと、女性釣り師の方には失礼しました。

さて、今回のミッションの作戦は、こうです。

濁らない川に行かないといけませんっていっても、だいたいの渓流は濁らないものですが、上に農地や牧場があったりすると濁ってきます。

絶対釣れないってことはありませんが、あまり、気持ちのいいものではありませんね。また、川原が狭く、がけになって逃げられないところも危ないです。

車の置き場所と反対岸に行っちゃって、戻れなくなり、橋のあるところまで、藪を漕いでへとへとになったことが2.3回あります。

なにより、水の圧力が強く釣り上がるのは、非常に体力を消耗します。特に,腰、それから、ウエダーのブーツのフェルトが減っていると滑って流されます。

ウエダーの腰のベルトをシッカリ締めておかないと、胴長に水が入り一気に危なくなるので、初心者の方はいつでも締めておいてください。暑くて蒸れるからってしないと、命にかかわりますよ。

釣ってるところは、天気でも、上流の山のどっかで、すごく降ったりすると知らない間に増えていて、焦ることがあります。やはり、水の濁りには敏感になった方がよいようですね。

釣り人、鉄砲水に流される、って記事が頭に浮かびます。

そこで、普段は水量が少なすぎて、文字通りちょろちょろしか流れていない川にいってみると、ほどほどの川になってたりします。ほかの釣り人にマークされてないので、誰もいずのんびりつれます。

 

そこに避難してきているヤマベを釣るのです。

避難所を狙うとは(笑)と怒られそうですが。

また、大きくカーブして、広くなってるところは、水があふれていますが、流れが急でもなく岸から慎重に釣れは結構出ることもあります。

渓流釣りと水量は一番大事な要素ですね。

さて、仕掛けはいつもと同じですが。流れが強すぎるときは、ガン玉を2個つけます。普段は2Bを一個、ハリの上ひとこぶしの所につける。という、超シンプルなミャク仕掛けですが。

雨の日はBを2個2cmほどの間隔でつけます。やはり、重い分早く沈むし、狙ったところに正確に落ちてくれます。流れ方も、少し減速して、くいがよくなります。

欠点は、2個のガン玉に、ハリが巻き付いたり、水中の岩に引っかかる回数が増えます。ひっかると、しぶしぶ外しに行くのですが、水量が上がり深くなってるので、外しに行くのを断念して、切っちゃうことも増えます。

おすすめの記事