銀ピカ君釣れました。雨でも釣る。2108シーズン5回目

今シーズンは雨ばかり。

もー嫌になっちゃいます。

膝以上になると緊張し、

腰まで来るとやばい感じがしますね。

年を取ると危ない、お相撲さんのようにすり足で進みます。

ヤマベはサクラマスの子です。

春先に海へ下る一群のヤマベがいます。

海に行ってサクラマスになるのです。

ヤマベのメスになるのです。

銀ピカ君です。

綺麗です。

銀色にピカピカ光っています。

銀ピカ君がいるのは

5月ごろです。

水はまだ冷たく、手を入れたらしびれるほどです。

6月1日が解禁なので銀ピカ君を釣るのは難しいです。

今日は8月19日

そんな銀ピカ君はいるはずがありませんが、今日1匹釣れましたよ。

それがこれです。

独りぼっちの、はぐれものでしょうか

または、のんびりした、うっかりものでしょうか。

もうシンコの時期なのに、

シンコは一匹も釣れません。

激流から避難しているのでしょう。

先週からの大雨で、余市川、白井川、ともに水量が多く大変でした。

大正橋のたもとで、のんびり釣ろうと思っていたのに、計画は崩れました。

天気も、考えていたようにはならず、

雨降りでした。

しっとり濡れる雨と、激しく降る雨が時々訪れました。

ガン玉は2こ付けて、激しい流れにエサが流れていしまわないようにします。

エサのブドウ虫は、買ってから3週間目なので、身が痩せてきました。

丸くぷりぷり太って、固太りしていたのが、

柔らかくなっています。

流れが激しいので、たるんでいるところ探します。

こういうところに避難しているのです。

避難所を狙います。

何か、悪いことをしているような感じです。

言い換えて、たるんでいるところが、ポイントです。

こっちの方がいいですね。

今日は自動ハリス止めは使いません。しっかり、針を付けたいからです。

針の付け方を工夫します。

クッション性があり、不意の大物もキャッチします。

今日は、30cmのアメマスがかかり、上げましたがリリースしました。

アメマスは食べないからです。

あまりおいしくないからです。

ニジマス・ヤマベ>イワナ>アメマス

美味しさはこの順です。

アメマスでもバターをたっぷりのカリカリにして焼くと結構いけます。

しかし、ニジマス、ヤマベの美味しさには遠く及びません。

姿が美しく美味しい

今日釣れたのはこれだけ

これだけの激流でよく釣ったと思います。

普段は3歩で渡れる川が、これです。

深くて渡れないところもありました。

膝より上まで水がある場合は危険です。

流木を杖にして渡ります。

釣り時間「4時間」あまり、

早く帰ったので、家人には好評でした。

天ぷらにして食べました。

お腹を割いてみると、白子が入ってきています。

秋が近づいてきてますね。

帰りに道の駅でどでかいスイカを買いました。1500円

中はすが入っていましたが。甘さが爽やかないいスイカでした。

皮が厚かったです。

20パーセントが皮でした。

皮で漬物が作れるらしいですね。

おすすめの記事