北海道の渓流釣り 群別川遠征

、早朝5時、張り切って竿をふりました。

うんともすんともいいません。少しでも当たりがあるとやる気が出るのですが。

時期が悪いのか、水量のせいなのか、

張り切ってきたのに残念です。

大水が出たのでしょう、中洲や岸の植物がすべてなぎ倒されています。

巨石も何個か転がってきたようです。

郡別川は、橋の下あたりから入ったのですが、ポイントはいっぱいあるのに、エサのブドウ虫は、きれいに形を保ったまま帰ってきました。

今の時期は、チャラ背ではなく、ある程度、流れが緩やかなところに集まっているものですが、全く音さたなし。

こんなにいいポイントなのに、ヤマベは引っ越したようです。イワナでもいいですが。

水に触ってみると、そんなに冷たくはなく、水温が低すぎて活性が落ちているということはなさそうです。

嘆いていると、サケ釣りの人がふらっと話しかけてきました。聞いてみると、一本下の浜益川は、入漁料を払うことになるので、ここに来たと言ってましたが。

郡別川は、見たところサケが大量に登ってるようには見えませんでした。

今日は。好天気の割には、波がかなり高く釣りをするのは無理なようです。

早々に引き上げて、一本上の幌川を目指します。

幌川河口は、車でいっぱい、ここはサケが釣れるようです。子どももいました。サケを釣ったら楽しいでしょうね。

上流を目指しましたが、果樹園につく前に、通行止めになりました。

先日の大雨で、道路もあちこち、ブルーシートが張られ、被害の大きさがわかりました。

仕方なく、一本目の支流に入りましたが、

ここも、見た目はいいのに、あたりなし!

うんともすんとも言いません。上から下へ、エサがそのまま流れていきます。

口もつけてもらえません。

今シーズン初めての、ボウズでした。

ブドウ虫消費量、3つ

よかったことは、渓相がよかった。目の保養になりました。

おすすめの記事