北海道の渓流釣り 2018年8回目 アマメス君は帰っていいですよ

 

今日の日曜は気持ちよく晴れました。

山は、紅葉の真っ盛り、赤や黄色、ムラサキとシラカバの白い幹がコントラストを

作っています。

今年の北海道は、8月に多雨、晴れの日はわずか3日、後はぜんぶ雨、じめじめした夏でした。

そして、9月は台風と地震で明け暮れました。

電池を買いに走ったり、フロ桶に水をためたりしました。

 

そして、10月、もうシーズン終盤戦です。

ヤマベ、ニジマス、イワナを狙います。しかし、この時期、アメマスが混じります。

このアメマス君、体長は30cmもあって、引きも強くいいのですが、姿がねずみいろに

白の水玉と非常に地味、尚且つ、味がいまいちなので、いつも、リリースします。

食べないものは釣らないようにします。

 

今日も3回かかって、3回とも針をとられました。

川原まで水中をひぱって、載せ上げます。テグスは、06号。引っこ抜くことはできません。

しかし、格闘した末の、アメマスは、徒労感が大きいですね。

 

さて、今日の釣果は午前中でこのくらい。

芳しくないです。ちっちゃな、ニジマスも釣ったのが良かったです。

この、ニジマスは、結構流れの速いチャラ背で釣りました。タイミングピッタリ、

しっかりあごに刺さりました。

 

水温は下がってきていますが、また、魚は活性化しています。

もともと、渓流は水が冷たいけど。

 

同じ川でも、流れは変わっていて、攻め方も変わります。この間の台風の倒木の

おかげて、新しい、ポイントも発生していました。

しかし、今年は、釣り人に全く会いません。みんな、この川に見切りをつけて、別の川に移っていったのでしょうか?

 

今日は、竿が2本とも固着してしまって、2倍の長さで収納しました。

固着したの無理して、引っ張ったら、一番重要な先っぽが壊れたので。アロンアルファでくっつけました。

 

今日の道の駅「赤井川の販売所では」プルーン、一パック370円で買いました。この370円という料金設定はなんなんでしょう。

一個何円でもないし、きっと、出品者のフィリーングなんでしょうね。

キャンピングカーが3台も止まっていましたが、もう北海道は、オートキャンプには、寒いと思います。

10月31日は、ハローウィンですな。

皆でパーティをするのかな、日本には定着してきてはいるが、どう仮装したらいいか悩みますね。

あと、かぼちゃもったいないですね。家は、最後に、かぼちゃを鉄鍋で火を通して、やわらかくしていただきます。

 

水面は、空の色を写し、

赤くなった葉は、予告なしに、舞い落ちます。

針にも引っかかって大迷惑。

おすすめの記事