ニジマス出ました。ヤマベエサのランキング

今日もシンコ釣りをしようと張り切ってやってきたら、

なんと、もうたくさんの釣り人がもう上流から、一列になって釣っていました。

午前

8時、皆さん何時に家を出発してきたのでしょうか。

ヤマベは朝夕がもともといいのですが、勤め人は夕方まで釣っていっるわけにはいきません。

早く退職したいですね。勧奨退職を真剣に考えるかな。もう、十分仕事したしな。

さて、仕方ないので、人のいない上流の秘密の場所を目指します。

水量は少し多めですが、何とかなりそうです。結構な急流の処から大きめのニジマスを出しました。

興奮しました。

危なくばらすところでしたが、うまい具合に川原へ誘い込み、手で押さえ込みました。柔道の寝技みたいですが。

今日のハリは、ぶどう虫という名前のハリです。少し湾曲していて、本当にブドウ虫のフォルムにピッタリです。

針の色がゴールドなのが気に入っています。

今日の話題は、ヤマベ釣りの餌のランキングです。

1位 もちろんブドウ虫、

値段の安さ、30匹298円、もちの良さ冷蔵庫に入れて置いたら平気で2,3か月持っ

ちゃいます。つけやすさ、お尻の方から入れて硬い口のあたりから出します。

清潔感のある白いお肌

シンコから大物までこれでOK,使う人が増えたのか、

売り場が増えている。

厚紙にさやを作っておとなしくしているのがいい。

さやなしのやつもあって

値段が高いが、ものすごく使いやすい。

ハリスもブドウ虫にすると完璧

2位 イタドリ

ヤマベ釣りの定番、自分でとることもできるが、

虫の入っているイタドリは、少し人間がかかわっているところ、

少し汚れたところにある。イタドリ場を見付けて

おかないとだめなので、買うことになる。

少し高め、透明カップに紙、中で元気に

動いているので、冷蔵庫に入れさせてもらえない。虫が嫌いな人は多い

エサの持ちがよく、特にシンコ釣りには有効、カチっとあごに刺さるのがわかり

気持ちがよい。

3位 イクラ

砂糖付けのいくら、硬いので2,3投は持つが、ほかの餌に比べてもちが悪い。

しかし、釣果はなかなか優れたのもがあるので、予備に持っていくことがある。

頻繁にエサをつけるのが面倒でもある。

今日は、天気も良く、大きなニジマスも釣ったし満足できる釣行でした。

今日は、フライにして食べました。

今は、パン粉がよくつく粉というのがあって

それを水でといて、やってみたら上手にできました。

ソースをかけます。

ビールを飲みながら、今日を振り返りながら、噛み締めました。

とりあえず今日はよかったぞ。

明日、職場、行きたくない。しかし、たった5日の辛抱だ。また、週末を夢見ながら

毎日を過ごします。しかし、釣りをしてなかったら、何してるのかな。

おすすめの記事