デフォルマシオンとはなんぞや

意識的にゆがめていくのではなく、描いているうちに自然と空間の中を呼び合って、コンポジションとして成立する場合と。

強い表現主義的な効果を狙い変形させる場合もあるのかな。

とにかく、デッサンかくるってるとしか見えないのは困るが。

ムーブマンというか、動きをつれてくるときもありますね。自然に筆が動いていく感じ。

特にピカソが好んでやっていた、目の高さを変えることで、前に飛び出す感じを、平板な色彩でやってのけた。

今までの、陰影のグラデーションからの脱却は大きいですね。

おすすめの記事