急にまたやる気が出てきました

待つ人

F100号の油絵の制作過程と日常雑記のブログです。

先日、またロール(キャンバス地だいたい145cmか175cm×10メートル)を衝動買いしたので

(思わす安いと思って買ったけど、ネットには同じものがもっと安く売ってた、悔しい)

とりあえずF100をはって部屋においていたら、急にまたやる気が出てきました。

最近、待つ人というシリーズをやっています。(前は歩く人シリーズをやっていた)要するに群像をずっとやってきました。

今回は、記録を取って描こうかなと思い立って早速、ワールドプレスをインストールしました。

締め切りが、9月上旬なのでとりあえず、3か月の制作予定です。

イメージは待合室で待っていて、名前を言われて立ち上がったところ。場所は仮に病院

登場者は、中央に中年の男、係員(ここでは看護師))若い女性、杖をついた老人、後ろ向きの無関係な人ということにします。しかしながらどんどん変わっていくので、

最終的には顔の表情とかも明らかにしないで、構成と色、水平と垂直の仕事にしたいと思います。

今日は、木炭で形をとって、ブルーで描きます。ブルーで描くのは寒色は後からはなかなか入らないので、あらかじめ最初に多めに使いたいからです。

木炭は、ニュートンの太12本入り777円、大作なので結構な量使います。

絵具ははニュートンのウインザーブルー レッドシェイド(グリーンシェイドもよく使います)僕は主にニュートン、そして、イエロー系、ブルーコンポーゼはマツダを使います。

油は、オドレル ぺトロール(無臭)とリンシードの2種類のみで、初めはぺトロールだけでだんだんリンシードを増やすやり方です。あまりてからないように。

筆は豚の安いやつ

ナイフも安いです。使用頻度が多いのでわれちゃいます。

不定期アップです。

さて、どうなりますか。

pickup
おすすめの記事