私の愛する北海道に何する気!
美国川の蟹くん
何処までも澄み切った空、なぜか涙が出てきました。この純粋な心の動きが邪魔されたからです。 私の愛する北海道に、核の最終処分場の候補地に立候補するというとんでない人たちがいるのです。 アイ きゃんと ビリーブ OOOOOOOOOOOOOOの人たちです。 美しい自然、日本の食糧基地(コメはもちろん日本一)素晴らしい海の恵み、どこまでも白いパウダースノー、沖縄と並ぶ観光スポット、まだまだあります。それを、近くにいるだけで20秒で死に至るガラス硬化体を埋めるという。それも無害になるまで10万年 全国から2万トンも、 悲しい、悲しすぎる。ひどい、ひどすぎる。 20億円もらえるからです。 どこかの無人島に持って行ってほしい。 北海道の人たちのほとんどは嘆き悲しんでいるのです。 お金と欲にまみれた話と北海道を愛する人々の間には深い溝ができました。 北海道の大地を愛し、ここで生きていくことに、夢や希望を持ち頑張っている人がほとんどです。子供たちにつけを残す一番してはいけないことをやっちゃう。500万道民の気持ちを一切顧みず、自分たちの欲を満たす人々。悲しいです。 OOOOOOOOOOOOOOOの人たちです。 きっと本州の人たちは、どうせ、北海道だものなと思っているでしょう。 クヤシイー さて、同じ積丹でも美国川に行ってきました。神秘の川、上流には巨石がゴロゴロ、ダイナミック釣行でした。足首が痛くなりました。 ここは、しんべんこし橋のあたりです。白井川の上流に似てますね。 これから、秋も深まります。美しい季節です。今シーズンはあと何回来れるでしょうか。 美しく、純粋な気持ちをいつまでも持ち続けたいですね。
おすすめの記事