猛暑の夏にトマトを描く。

油絵を描きます。暑い夏にトマトを描きます。

 

カンバスはP15です。横向きで使います。

M15も好みです。

 

しかし、F15は安く売られています。

Fサイズは、手ごろで調度良いサイズですが、

ちょうど良すぎで緊張感がないといえます。

 

PとMは細長で緊張感があります。

特に人物を描く場合は、PとMを縦に使うととってもいいです。

なぜかというと、Fだと、人物とテーブル、ドア、

部屋など人物以外のものが必要になるからです。

 

たまに、MやPにすると、やる気でます。

 

描く前に、木炭で、等分にしておきます。

ここに出現した、この一つの四角は、P15のキャンバスの相似形です。

だから、この線によるものは、この画面に対して必ず合う

ということができます。

始めに、この必ず合う引っ掛かりを配置しておくべきです。

 

この線は、テーブルの線や、床、壁の線として利用します。

この線は、完全固定ではないので、フキサチーフ(木炭固定スプレー)はスプレーしません。

 

しかしながら、この線は、木炭なので、次第に薄くなり消えていきます。

そして、最後には痕跡として残ります。

化石のように、見えなくなっても、底で生きる線になるのです。

この感覚は、人生を生きる上でのヒントとなります。

 

見えなくなっても、底には、しっかりした造形のストラクチャーが存在していた。

そのことに、生命感と感動が生まれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、木炭で線描きをしていきます。

 

 

 

 

 

一回では、感じがつかめないので、描いては消し

描いては消ししながら、

大体、10分ぐらいはそれを繰り返し、

手首の運動のつもりで、手と目をほぐしていきます。

 

雑巾が一枚真っ黒になり、鼻の穴も木炭の粉で黒くなったころ

感じがつかめてきます。

 

テーブルの上に置いたものの面を合わせます。

面を合わせるとは、しっかりとテーブルに物がのっかることを意味します。

 

アインシュタインの言う通り、ある物体があると、周りの空間はゆがみ、または共鳴します。

あるいは、反対方向のベクトルが発生するとも言えます。

 

 

テーブルの上の瓶の下の線を見てください。この意味は、

水面に反射するように、反対方向の反作用としてのマッスを示しています。

反対方向のベクトルです。

 

トマトやお皿はどうでしょう。

これは高さがないので、波紋が物体の底から響くようです。

実際には見えないけれど、波紋が広がっているとイメージすることで世界が広がります。

 

実際の人生ではどうでしょう、そのベクトルや波紋を意識することで、より深く理解することができるかもしれません。

 

自然を見る目、人間を見る目が変わってくるでしょう。

あなたの、心の窓の景色はこうやって変化していきます。

絵を描き続けるとはこういうことです。

さっそく、描き始めましょう。

 

木炭が終わったら、ブルーの絵の具にぺトロールでジョブジャブ

溶いて木炭の上をなぞっていきます。

 

ブルーは、ウインザーブルーグリーンシェイド、レットシェイドやウルトラマリン系やセルリアンブルー系でもOKです。

青は後からは入らないので、始めに入れておきます。

青は、引っ込む色だからです。暖色は、前に出てくる色です。

または、青は空気の色でもあり、セザンヌも青のマッスを考慮するべきだといっていました。

私は、ウインザーアンドニュートンを主に、ブルーコンポーゼとコーラルレッドは、マツダスーパー絵具を使っています。

ホワイトは、ホルベインのジンク系、とシルバー系を主に、チタニュウム系も使います。この前、セラミックホワイトを使ってみました。無機質の真っ白で使い方によっては面白いと思いました。

ジンクホワイトは、木炭と混ざると素敵なグレー色になります。

濁らないグレーが欲しい場合は、ジンク+木炭を愛用しています。

ジンクは温かみのある白です。

最近は、クイックドライのホワイトがあり、早く乾かした時に混ぜて使っています。

つぎは、色を塗っていきます。

絵具は、チューブから出た時が一番鮮やかです。

派手派手になりますが、固有色を決めていきます。

トマトは赤、瓶は青、テーブルは茶、クロスは白と緑などそのまま塗っていきます。

 

赤などの暖色系、青などの寒色系、そして、それを接着するホワイトの分量を調整していきます。

 

赤いトマトばかりだとつまらないので、へたのところの緑を意識して描きます。実際にはありませんが、へたに緑の色を入れておきます。

トマト自体が、緑になるかもしれません。

緑のクロスと赤いトマトは補色関係になるのでギラギラします。黄色やコンポーゼで彩度を少し下げておきます。

 

反対方向のベクトルや、波紋に意識を忘れないでおきます。

ここで一日目は終わりです。

しかしながら、ここからナイフを使います。

いったん絵の具を取って、カンバスの目を出しておきます。

絵具がもったいないような気がしますが、気にせずにガリガリとやります。

なぜかというと、足し算ばかりでは甘くなるからです。

引き算を一回することで、初心にかえり、気分をリフレッシュすることができます。

 

カンバスの目は重要です。

下塗りをして目を出さないでツルツルして描く方法もありますが。

セザンヌの絵を見ていると、カンバスの目の重要さがわかります。

 

レイヤーとしての最背面を残しておくことが深みを増すことになります。

 

ナイフの線が残ると、構成を意識しながら確認することができます。

 

この構図は、斜め上からの視点なので、床の面が必要です。

 

 

ここで、一週間ほど乾かします。

乾いた後にまた、木炭で直していきます。

思い切って変更を加えることができるのが、油絵のいいところです。

 

絵具がかすんでいますが、気にしません。

 

ここでポイントは、構図は、まんべんなくいい配置にはしないことです。

 

なぜかというと、バランスがよくなりすぎると、動きがなくなり、静止します。

 

3点ほど気を付けます。

 

 

 

 

①簡単に言えば、混んでいるところと空いているところを作ることです。(緊張感を出す)

②上から下に突き抜ける色があることです。(一体感を出す)

③コンポジションを調整することです。(物が影響しあって波紋ができます)

 

 

 

トマトは、違う赤2色ととオレンジにします。

赤色でも変化をつけることで、面白くなります。

 

暖色系と寒色系の分量を合わせます。

おすすめの記事