札幌市のマラソン問題

東京オリンピックはいい加減中止してほしい。

毎日の感染者数が増大

Every singe day 毎日毎日ワースト記録を更新中

人の命がかかっているときに、娯楽を優先するとは、なにかに取りつかれているとしか思えません。

札幌市もとばっちりを受け、テスト大会を実施

翌日蔓延防止を発表。

これは、おかしい。

などど、鼻息を荒くしながら絵を描いていました。

しかし、6月の公募展の開催が危ぶまれます。

 

 

2年越しのこの絵は、絵具が重なり重くなってきました。

厚いマチエールは、日本人作家の大好物です。

外国では、あまり極厚のマチエールは好まれないようです。

 

日本の漆器みたく何度塗りとかで重厚感を出すのでしょう。

 

西洋絵画は、おおむね軽めのマチエールです。

東京に、マチスのダンスが来た時に、そのマチエールの軽快さに驚いたものです。

 

マチスの、書き直した跡などもわかるような薄めのタッチでした。

 

ピカソは直接緊張しながら一本描き

マチスはたくさん描いた中から選ぶ

そんな感じがします。

 

しかしながら、今絵画市場は活況だそうです。

投資の対象になる絵は、なにやらマネーゲームの様相、

仮想通貨のように乱高下します。

 

ゴッホは生前1枚しか絵が売れず、セザンヌが評価され始めたのは、晩年でした。

時流に流されず

自分の好みの絵を追求することがいいみたいです。

しかし、そうはいっても絵で生活するのは大変なことですね。

おすすめの記事